2006年05月31日

片田舎でシャリリリリン

陸マイラーを目指すべく、
本日初めておサイフケータイでEdyを使ってみたんだけど・・・

まんまと大行列を作ってしまいました。
ついでにやたらと店員さんも集まってきた。
こんな風に順調にマイルもたまってくれれば沖縄行けるのに。

個人的にはあんまりコンビニには行かないので、
普段のお買い物で一番Edyが使えるのはマツキヨ。
これからもくじけずEdyを使っていこう。 (>へ<)
めざせ沖縄。

あー、でも、
船にマイルシステムとかあれば、結構たまると思うんだけどなあ。
posted by ひんべえ at 00:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

京都旅行 Part2

哲学の道を熊野若王子神社まで歩いたら、
ちょっと町中を抜けて平安神宮へ歩き、時間もないのでまずは神苑見学。
今回の旅行の京都部分のテーマは「花」だったのですよ。

ん〜、「花」をテーマにするには中途半端な時期だったけどね。
もうちょっと後の方が花の盛りだったね。
今年の5月は寒くて暗い日が続いたから、よけいに時期がずれたのかも。

咲き始めた睡蓮。(自分の影が映っているのはご愛敬)

睡蓮

こちらは結構良い感じの杜若。

杜若

写真を撮ろうとうろうろしていたら偶然見つけたすっぽん。

すっぽん!?

平安時代の貴族もこんな風景を見たのだろうか、
と思わせる泰平閣。
ここまで歩いてきて、疲れた体を休めることもできます。

泰平閣

神苑から出てきた頃にはすっかり時間も遅くなってしまい、
どのお寺も拝観時間終了のお時間。
なので、そのまま平安神宮の境内を散歩。

平安神宮

右近の橘はまだつぼみで、左近の桜は小さなサクランボ。
反対だけど、似たような形だったので、
これもまたシンメトリーだと妙に納得。

右近

左近

平安神宮のお散歩が終わっても、
まだまだ時間は余っているのであてもなく祇園をぶらぶら。
祇園の街は、電柱の地中化とかしないのかなあ、と思う。
電柱がじゃまだ。車だけはどうにかしてはずしたけど。

祇園

祇園にも愛想のいい猫がいたけど、ちょっとした出来事が。

祇園の猫

遊ぼうよ、と声をかけた私の指の匂いをかごうとした猫が、
そっと鼻を私の指に近づけたとたんに・・・

「バチッ」

「いて!」( ̄◇ ̄;)
「ニャ!」(=゚◇゚=)
驚いて離れる一人と一匹。

猫さんと静電気バチバチになったのは初めてでした。
posted by ひんべえ at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

京都旅行 Part1

京都旅行、といいつつ、メインは堺市のミュシャ館だったり。
関東に住む私には遠いところなので、
全部で3週ぐらいぐるぐると見て回りました。
朝一で行ったせいか、空いていたのでゆっくりできたのがよかった。

念願の

なんだかんだと2時間ぐらい見学していたので、
京都駅に着いた頃にはすっかりお昼。
それから銀閣寺の方にバスで移動したのだけど、
良いお天気と、修学旅行生が多かったので、道もバスも大混雑。

バスの中にいた修学旅行生が、みんな一律に
「やばい、時間足りない」
と言い合っていたのが印象的でした。
私の学生時代もそうだったけど、みんな欲張って予定にいろいろ入れちゃうのね。
日本人は子供の頃からせわしないんだなあと、
一人旅にやってきたお姉さんはしみじみ。

銀閣寺への移動に予想外に時間を取られたので、
修学旅行で一度行ったことのある銀閣寺の見学は今回はパス。
近くのうどんやさんでお昼にしました。

おめんうどん

ちょっとお昼をはずした時間に行ったけど、ここも混雑。
味は。。。
薬味は美味しいけど、うどんがやわらかかった。
京都のうどんってやわらかいのだろうか?

お昼を食べたら、哲学の道をぶらぶらとお散歩。
サツキの時期にしか開山しないという安楽寺が公開されていたので、
ここもお目当てのところでした。

でも、サツキはまだまだだったね。ちょっとがっかり。

安楽寺

近くにある法然院にも寄ってみたら、なかなかステキなところでした。

法然院

苔はキレイだけど手入れが大変そうですね。

苔が美しい


境内を見学し終わったら、また哲学の道をそぞろ歩き。

哲学の道

猫に遭遇。
写真の題は「哲学の猫」に決定。

哲学の猫

初めて哲学の道を全部歩きました。
また、花や紅葉の時期に来てみたいところです。
posted by ひんべえ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

高速バスの旅

京都にぶらり一人旅に行くときは、だいたい高速バスで行ってます。
安いし、0泊3日の日程で1日を思いっきり遊べるのがよいですね。

楽天トラベル 高速バス予約

だいたい、片道3,500円ぐらいから揃っていますが、
私は5,000円〜6,000円ぐらいの値段で探してます。

あまり安いとスタンダードタイプ(要するに単なる観光バス)なので寝るのにはちょっと辛いのと、
バスの中で若い団体さんがにぎやかにしていることが多いので回避。
かといって、6,000円を超えてくると、価格的なバスの魅力が無くなってしまうので、
そこら辺のバランスを見ると、5,000円〜6,000円ぐらいかなと。
レッグレストとフットレストがあるぐらいの余裕があるバスなら、
私は結構寝れるかな。
エアー枕とか持参するけど。

集合時間は出発の20分前。
京都駅の場合は、駅前(八条口)の大きなバスプールが集合場所になるからわかりやすいけど、
東京の集合場所は、ビルの前だったりとかするので若干微妙かも。
(私が田舎者だからだろうけど)

京都駅についたら、まだまだ朝が早くて街が動いていないので、
とりあえずは京都駅の綺麗なトイレで身繕い。
6時半ぐらいになればボチボチ喫茶店が開店してくるので、
それまでは東本願寺、西本願寺あたりを散歩したりとかして過ごします。
だいたいがフラリとノープランで家を出ているので、
その日の予定をたてるのは朝の余っている時間です。

昼間の観光はお寺巡りなどがメインなのですが、
お寺は5時半ぐらいには閉まってしまうので、
だいたい6時ぐらいから夜行バスの時間の10時半ぐらいまで時間をつぶします。
円山公園や祇園や鴨川のあたりをフラリとしたり、
駅近くのネットカフェに入ったり、
京都駅の中でもいくつか、ベンチポイントは把握しているので、
そこらで本を読んでみたり。
京都駅の周りはあまり時間をつぶせるお店がないので、
最初は夜の過ごし方で悩んだのですが、
だいたいここらへんに落ち着きました。

本当は一人で一日を振り返りながらお酒を飲めるようなお店があると良いんだけど。
京都駅周辺でそんなお店の情報を募集中です。
posted by ひんべえ at 23:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

全力で少年

五月晴れにお目にかかる機会が少ない今年の5月ですが、
日曜日は天気がよかったので、お散歩に行ってきました。

ぶらり一人旅で大阪・京都まで。
前から一度、堺市のアルフォンス・ミュシャ館に行ってみたかったのですよ。

いつか行ける機会はないものかと考えていたところで、
ここで予想外に基本情報技術者の試験に受かったので、
自分へのご褒美という理由をつけつつ、
週間天気予報で日曜日が晴れだったのを見つけてフラリと一人旅に出ました。
関東の人間がフラリと関西まで出かけるなんて、
なかなかできない贅沢じゃないか、と勝手に思う。

京都に行くには夜行バスが便利ですよ。私は愛用者です。
今回の日程はこんな感じです。

20日(土)22:20   新宿駅発
21日(日) 6:20   大阪駅着
       9:00まで 大阪駅で時間調整
       9:30   堺市のミュシャ館到着
      11:30   ミュシャ館出発
      13:00   京都着
      18:00まで 東山のあたりを観光
      22:30まで 一人で合格の祝杯をあげる
      23:00   京都駅発
22日(月) 5:30   新宿着
       8:30   出勤
      18:00まで お仕事
      18:30   テニス教室


ほら、休みを取らなくても、京都旅行はできるのです。
今結構体にきてるけど。(テニスまでしたし。)
今回はミュシャ館がメインだったので、京都観光は午後だけ。
だからあまり見て回れなかったけど、
五月晴れのもと、新緑の中を気持ち良くお散歩してきました。v(≧∇≦)v

あとは、こんなに全力で遊んでしまったその報いを、
今週一週間かけて受けるのでしょうか。



やっぱり京都大好きだ〜。ミュシャも最高。
posted by ひんべえ at 22:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

オレンジ・オレンジ

昨日のお料理教室は、得意のバターケーキでした。

オレンジケーキ

バターケーキの生地にオレンジ果汁とオレンジの皮を混ぜ、
焼き上がったところにオレンジ果汁+あんずジャムのシロップを塗り、
デコレーションには粉砂糖をアマレットで溶かしたアイシングを塗るという、
とにかくオレンジを使ったケーキです。

バターケーキは得意だから自分でも作るけど、
お料理教室では、ハンドミキサーを使わずに自分の手で全部混ぜたから結構辛かったよ。
やっぱり、文明の利器はうまく使うべきだと思う。

ポイントは、このケーキはオレンジの果汁分だけ水分が多いため、
水分とバターが分離しやすくてちょっと大変なのですが、
オレンジ果汁を混ぜる前に、粉を入れてしまえば、
粉が水分と油分の分離を防いでくれるのだそうです。
手順としては以下の通り。

バターに砂糖を混ぜる

バターに卵を混ぜる

粉をさっくりと混ぜる

オレンジ果汁を混ぜる


バターケーキにはいろんな物を混ぜて遊ぶので、
応用が利きそうなテクニックですね。


一緒に作ったデザートは、
フルーツのマリネ、シャーベット添え。

フルーツマリネ・シャーベット

いろんなフルーツをオレンジの果汁ベースのソースにあえます。
その上に、白ワインのシャーベットを添えます。

最初は、「シャーベット作るの面倒だからフルーツだけで良いのでは?」
と思ったけど、
食べてみると、シャーベットがうまい (≧ ≦)

フルーツのマリネが、オレンジの果汁でまったりめの感じなので、
さっぱりしたシャーベットがよくあうのです。

使用した白ワインは、ドイツの白ワイン。

マイバッハ・ツェラー・シュヴァルツ・カッツェ・ゼクト・トロッケン

さっぱりとおいしくて、普通に飲んでも結構おいしいのですが、
お安いし、結構よく売られているワインなのがよいですね。
お菓子作りにもよくあうのだそうです。

これはイイ情報を聞いた。
とおもって早速このワインを購入したのですが、
お菓子作りする前に飲んじゃうかも。
posted by ひんべえ at 23:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

基本情報技術者:結果

妙にじらされたりした、基本情報技術者試験の結果。
無事、今日発表されましたよ!
(また延期されるんじゃないかと、何回か確認してみたり。)


その結果は・・・

試験結果


なんと、予想外の合格!!!
( ̄ ̄ロ ̄ ̄;;)


・・・
意外だ。
これはできたぞと思った午前のスコアがあまり伸びず、
ダメダメだと思った午後の試験が予想外によかった。
まあ、どっちもギリギリであることにかわりはないけど。
(ちなみに、午前/午後ともに600点以上で合格。)

この奇跡が起きた理由を考えてみよう。(おもに午後問題)

1 全く勉強がたどり着かなかったプログラム設計の問題がものすごく簡単で、なんとなく回答できたから。
2 OTPのだいたいの仕組みを勉強したことがあったので、問2が瞬殺だったから
3 マークシートの神ご降臨

正解は、
当然 3

マークシートの神は偉大だよ。
マークシートに強ければ人生有利な方向に転がってくし。
( ー人ー)|||~~~ ナムナム


それにしても、まだ半分しか読んでいない午後問題の参考書どうしよう?
もう試験終わっちゃったから必要はないのだけど、
貧乏性なのでとてももったいない様な気がしてならない。

微妙に残る不完全燃焼感。
(模試だと思って受験しただけだし。)

資格なんか関係ない、大切なのは勉強のプロセスだ、ということで午後試験の参考書をとりあえず終わらせるか、
ここは勢いに乗って、秋の情報セキュリティアドミニストレイターの試験を受けるか。

・・・

とりあえず、自分へのご褒美を何にするか考えよう。(〃∇〃)
posted by ひんべえ at 21:05| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

そうだ、京都に行こう

30分ぐらい前に決意した。

葵祭のニュースを見る

そういえば最近京都に行ってないな

堺市のアルフォンス・ミュシャ館にも一度行ってみたい
(しかも現在企画展をやっているらしい)

行くか

以上。
明日中に諸々の日程を調整しよう。
あと、お財布の調整も(これが一番問題)


堺市のミュシャ館は有名なので一度は行ってみたいと思っていたのだけど、
噂によると30分から1時間ぐらいで見て回れるぐらいの規模らしいので、
関東に住んでいる私が、そのためだけに出かけるにはちょっと遠いのです。

せっかく行くならちょっと離れるけど京都にも行きたい。
今まで何度かぶらり一人旅で行っているけど、
この時期なら、テーマは「花の京都」がいいかな?

私が京都に行くときによく使う高速バスは、
だいたい5000円ぐらいで大阪まで行けるので、
(それより安いのもあるけど、普通の観光バスなんだよね)
夜行・日帰りのいつものパターンだと予算は2万円弱ぐらいか。

・・・ムリかなあ もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ひんべえ at 23:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

MOTHER3:5〜6章終了

ここのところ寒い日が続いているので、
家の中でMOTHER3を遊ぶために、
一度はしまったハロゲンヒーターを引っ張り出してしまいましたよ。

寒いの嫌い。
だから、冬の伊豆もニガテなんだよ。
春夏秋冬、私の旅行先はいつも夏。

MOTHER3は、いよいよ物語が本格化してきたみたいで、
一度電源をつけるとなかなか止められません。

以下、感想。

5章

・いよいよみんなが集まって、大冒険の始まりだ!
・の前に、息子の無事をお父さんに知らせに行ったらいいことありました。
・お父さんのセリフが泣かせます。僕のパパはどこにいったのか?
・パッション様との戦闘を予想していなかったので、結構苦戦。
・ダスター、村のみんなにあんまり受け入れられてないみたいね。村が変わってしまう前からちょっと浮いていたけど。
・寄り道終わって本編に戻ったら、雑魚敵が結構強くて苦戦。
・ネンドじんの生産工程をしばらくボーーっと眺めてた。
・壊れると自分でゴミ捨て場に行くって、なんだか切ないよね。
・花火といい音楽といい、意味のないプレゼントボックスが好き。
・ゴミ収集車を追いかけてハイウェイへ。せっかく敵を吹き飛ばせるのに、「たたかいのきおく」にコレクションするためにわざわざ降りる。
・ハイウェイ寄り道するところが多すぎ。子ネズミ探してエンヤコリャ。
・SAのトイレになぜウシが?しかも、サウンドプレイヤーにまで出てくるし。
・時事ネタ:ちょいワルおやじでた。笑った。
・「かなしきよせあつめ」って、ネンドじんを含めて悲しいね。
・村に落ちる雷の発生源、イカヅチタワーの原動力は、デンキナマズ、って。
・ぐんぐん上にいくと、おもちゃ箱のような部屋。懐かしい感じ。
・苦戦しながらもボスと倒したけど・・・
・半分存在を忘れていたヒモヘビの男前ぶりにやられた、が・・・。


6章

・泣きそうになった
posted by ひんべえ at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

じらし作戦

昨日は腹筋を鍛えたはずなのに、
今日はなぜか首が痛い。
ダメダメだね。


今日は基本情報技術者の合格発表日。
チキンハートな私は、こういう日は朝からドキドキですよ。

発表直後に見に行っても、混んでいてアクセスできないかなあ、
と心配しつつもIPAのHPを見に行ったら・・・


合格発表日が急遽延期 _| ̄|○


そんなのってありかよ !Σ( ̄□ ̄;)

別に今日合格発表がなくても実害が無い私ですが、
ドキドキしていたのがやっぱり拍子抜けしてしまい、がっくりです。


いや、もう私がダメなのは、自分でもわかっているつもり。
でもね、はっきり言ってほしいのよ。
ダメならダメって。
そうすれば、私もあきらめられるから。
この中途半端な気持ち、どうすればいいの!?


な〜んてことを、訴えたい気分です。しくしく(T_T)
そもそも、受験の時からして、
自分の受験番号の関が無くて不合格気分を味わう、
という波乱があったりしたのですが、
もうちょっと普通に試験に取り組ませて欲しい。
posted by ひんべえ at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

雲見のダイブログ

前に雲見に行ったときは、普通に岩の周りを回っただけだったので、
そんなに雲見の印象って特別なものはなかったんだけど、
アーチをくぐったりして遊んだ今回、

雲見はいい!(*`∇´*)v

に認識を変えました。

こんな穴に入り込んでいくのとか、わくわくするよ!
(結構地形も好きだったりする)

△穴

穴をくぐり抜けると、そこはアーチ

アーチ

このアーチはなぜかウミウシが降ってきた。
なので、せっかくだからあまりお目にかからない裏面を激写。

降ってきたウミウシ

落ちてきたウミウシをキャッチしたら、一時的に「ウミウシの目」を授かったらしく、
ウミウシの卵を発見。
(結構目立つところにあった)

ウミウシの卵

ダイビングが終わったら、
美味しい昼食のお時間です。
ここの「カマ焼き定食」はカマがおっきくて脂がのっていて、
すっっごくおいしいのです。(⌒┐⌒)

カマ焼き

ボリュームも満点なので、
私はカマ焼きを半分残して持って帰ってきました。
思えば前回も食べきれなかったな・・・。

カマ焼き定食を食べた後、港北SAのソフトクリームをおやつで食べると、
とっても幸せになります。

・・・
こんな事やっているからダイビングに行くと太るんだ。私。
ダイビングだとあんまり運動にならないし。
posted by ひんべえ at 23:13| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

SEA&SEA DX-8000G

雲見でモニターしてきたカメラはSEA&SEADX-8000Gです。

【送料無料】 SEA&SEADX-8000G ハウジング+8000Gデジタルカメラ セット[シーアンドシー]

まだ壊れていないカメラをわざわざ買い換えるのだから、
今持っているサイバーショットとはひと味違うカメラを買いたいぜ、
ということで張り切ってモニター。
できあがりを比べてみましょう。


雲見のアーチ

雲見のアーチ

パラオのギンガメアジ

パラオの渦

パラオより雲見が青いよ !Σ( ̄□ ̄;)
これが新しいカメラの実力?
(ジャーマンの透明度はそんなによくなかったんだけどね)

やっぱりいいねえ、
新しいカメラは。
SEA&SEAのカメラだから、まさに水中のためのカメラだよね。

DX-8000Gのいいなとおもったところは、
1 シャッター切れるまでの時間が早い
2 電源を入れてから起動するまでの時間が早い
3 なんか設定でいろいろ遊べる
4 バッテリーの持ちがよい

ただ、気になることが一つ。
「マクロモードでは1センチまで寄れます」となっているのでスミゾメミノウミウシに寄ったんだけど、
左側にどうしても影ができるんだよね。
ハウジングの影だから、構造上しょうがないんだろうけど。

スミゾメミノウミウシ


水中カメラで内蔵ストロボに対して注文付けてもしょうがないとは思うのだけど、
いまのへっぽこサイバーショットですら影ができたりしないので、
この辺はハウジングのつくりでどうにかならないのかと思う。
10センチも寄ると影ができてしまう感じなので、
正直、「うわあ、このカメラすっごい寄れる」と実感できない。

そもそも、カメラを買い換えたいと思ったきっかけが
1 携帯に画素数が追いつかれた
2 パラオの海が緑だった
3 オドリハゼに寄りすぎて写真が撮れなかった
の3点なので、
「内蔵ストロボの関係であんまり寄れない」となると買い換える意味が・・・
(外部ストロボは絶対に買わないと思うし。)

あと、電源が切れるとマクロモードが解除されるのはやめて欲しい。
慣れていないからだけど、マクロモードに設定するのを忘れてしまうので。

こんどオリンパスのデジカメをモニターして、よく考えよう。
posted by ひんべえ at 23:42| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ウミウシが空から落ちてきた

今日は雲見に行って来ました。
雨に降られたけど、思ったより大雨にならずに助かりました。

目的は、SEAANDSEAのデジカメのモニター。
しかし、
1年ぶりのドライスーツ、
4ヶ月ぶりのタンクということで、
結構カメラどころではなかったかも。(>。☆)
昨日は風の中テニスして、そのまま飲み会(2次会まで)だったし。
そりゃあ、耳も抜けなくなるというものですよ。
反省。

雲見は2回目だったんだけど、
前回行ったときは、2004年の台風(大瀬への道が崩れた台風)の後で、
お魚もいなくなり、地形も変わったりして、
あまり雲見らしさを味わえなかったのでした。
今回は、△の穴をくぐってみたりとか、雲見の地形を楽しんできました。
前回は「雲見イマイチ」と思ったけど、
今日潜ってみて、「雲見おもしろいヾ(>▽<)ゞ」にかわりました。

一番驚いたのは、アーチをくぐっていたときに
「何か落ちてきたな?」
と思って手でキャッチしたらそれがでっかいウミウシだったこと。
モニターしているカメラでマクロを試してみたかったので、
「マクロと言えばウミウシだろ」と思ってウミウシを探してきょろきょろしていたのだけど、
まさか空(←じゃないけど)から落ちてくるとは思わなかった。

それから「ウミウシの目」を授かったのでしょうか、
それからたくさんウミウシを見たけど(アオウミウシばかり)、
「ウミウシの目」効果も1本目のみ。
2本目はいつもの私の目に戻っていましたとさ。

ウミウシ君はなんで落ちてきちゃったんだろう?
そんな荒れているわけではなかったんだけど。

モニターしたカメラだったので、写真はまだ手元にないけど、
できあがった写真と、使い心地でカメラを選ぼうと思います。
液晶モニターで見た感じだと、
今のカメラとは色が全然違っているのでちょっと期待。
ちょうど、今のカメラで撮った雲見の写真があるので、
それとの比較ができそうです。

あと、今のカメラはあまりマニュアルでできることがないので、
新しいカメラは、もうちょっと設定で遊べるカメラがいいなあ・・・。
あんまり写真にはこだわらないんだけどね。
何ごともユルく遊ぶ私。
posted by ひんべえ at 00:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

一年ぶりの

MOTHER3の日記も4章まで書いて、
さあ、このGWにさくさく進めるぞ〜。
と思ったところで、3日の夜から頭痛と吐き気でぐったり。

まさかこの歳でゲームやりすぎで倒れるとは
4月は遊びに行ったり試験を受けたり忙しかったので、
ちょっとは休んだ方が良いということでしょう。たぶん。

しかし、私が家で寝ているときは天気がよく、
日曜日に、一年ぶりにドライスーツで潜りに行くときは雨の予報・・・
御蔵の時にも大雨に降られたし、
(御蔵の場合は、船が着岸できただけで感謝だけど)
GWの天気が悪いときばかりに遊びに出かける私です。

明日のテニスは天気が良さそうで、それはよかった。
テニスの時は日焼けが怖いので、曇りぐらいがうれしいのだけど、
あまり贅沢も言えません。

それにしても一年ぶりのドライスーツ・・・
大丈夫なんだろうか。
なんだか微妙に水没の予感もするのだけど。
不安だ。
どんなインナーを着ればよいかとかも忘れちゃったし。
今回は、新しいカメラのモニターをして、
夏のボーナスで購入するカメラを選ぶ予定なのです。
今度こそ、海が青く写るカメラが欲しいぞ O(≧∇≦)O
あと、ハゼにちゃんと寄れるカメラね。

独り言
posted by ひんべえ at 23:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

MOTHER3:2〜4章終了

勉強どころではないですよ。MOTHER3ですよ。
子供に戻ったようにばんばん進めているので、
日記が間に合わなかったり。

画面の感じはMOTHER2とあんまりかわらないけど、
動きが細かく表現されるようになって、みんなかわいい。

しかし、GBAで長時間遊んでいると目が疲れます。
DS欲しいけど、品薄なんだよね・・・

私が見つけた小ネタ。
・バナナの皮の上でダッシュすると滑る。その姿がかわいい。
・「うみたてたまご」をもって温泉にはいると「おんせんたまご」になる。回復量は高めで、ずっと持っていられるので便利。

以下、感想。

2章

・お、おじさんが主人公か・・・とちょっと凹む↓
・悪い人ではないんだけど、暗くてちょっと口臭があって禿げている主人公ってどうよ。
・しかも村からちょっと浮いているのか、ひとりぼっちで城へ向かう。
・ゾンビとの戦闘では、アイテムをケチったら勝てなかった。
・一人で戦うの辛いな。ひさびさにまじめにレベル上げにはげむ。
・城の中の温泉に、たまにおじいちゃんがいるのですが。
・オソヘの王様は悪い人ではなかったみたいだけど、なんで城が打ち捨てられたのか?
・おばけがかわいい♪MOTHERっぽくて好き。
・あにあにもかわいい♪やっぱりMOTHERだ。
・ヨロイは結構強いね。避けて進む。
・なんか手に入れたけど・・・これじゃないだろうと思って何度もあやしい扉を調べる。
・あきらめておじいちゃんのところに戻ったら・・・やっぱり怒られた。
・おじいちゃんと2人で進むと、孤独な戦いは辛かったとつくづく思う。
・ダンスで爆笑。動きがスーファミより細かい。
・女の子のデフォルトの名前って、サマルトリアの王子並みにひどくないか。
・しかも意外と美少女だった。


3章

・おサルが主人公!かわいい♪
・でも弱い。
・村に悪さをする側の視点で話が進むらしい。
・ふんころがしにふんを届けて地道に経験値稼ぎ。たまにレアふん発見。
・そういえばこんなトンネル、2章でも見たね。
・トンネルの途中にプレゼントがあるので忘れずに。
・おつかい・・・頑張ってもやっぱりビリビリなんだろうな。
・おばけ達、ノー天気でステキ。
・城へ行くと、気になっていた下の方の扉が開いた。
・踊りはおじいちゃんの方が上手だね。
・開かない扉が気になる・・・また戻ってくるんだろうな。
・この城謎が多い。
・YADOに戻ってくると、姫達が助けに来てくれるけど・・・逃げたら恋人は?
・リュカが助けに来てくれた!いつのまにそんなにたくましくなったの?
・改造されたドラゴは一匹だけだったのね。
・3章はあっさり終了。
・姫とサルがどっかいったけど・・・恋人はどうするつもりなのか。


4章

・3年後、リュカが主人公。これからずっとリュカなのかな。
・ワンこと一緒に出かける。ワンこ特技が少ないな。
・すっかり様変わりした村を全部見て回る。
・ホントは「あの素朴な村が」と悲しむべきところなんだろうけど、私はこのほうがMOTHERっぽくて好きだったり。
・クロスロードののっぽさん、どこにいったのかな。
・駅近くの看板おもしろすぎ。特に、おばけのメッセージに笑う。
・もちろん、おばけに会うためにわざわざ城まで出かける。(冒険進まない)
・海岸で地道にイルカの耳骨を拾う。(冒険進まない)
・森にも入ったけど、敵が強すぎるので一時撤退。
・パパ発見。でもすぐに行ってしまってリュカはひとりぼっち。さみしい。
・やっとお話が進み、ドロボーを探しに行くことに。
・温泉で能力に目覚めるけど。。。あやしすぎる!!!
・コーバでバイト。ネンドジンかわいいなあ。
・チチブーに行く前に森を冒険。
・見覚えのあるカベホチ発見。
・森の敵が強いので、ダッシュで避けながら見て回るけど、限界があるね。見きれなかった。
・森の中の温泉に、親切なにわとりがいる。卵を産んでくれるので、温泉に入って「おんせんたまご」にするのもよし、ニワトリになるまで育てて売り払うのもよし。
・ワンこの変装イベントで笑った。
・屋根裏の冒険が意外と辛い。
・嫉妬に狂ったベースも強いし。
・4章は、仲間が合流していく話だったのね。
posted by ひんべえ at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

御蔵島の私からの手紙

「イルカはがきいつくるかな」
なんていっていたら、結構早くやってきたはがき。

「冬になると一ヶ月に一回か二回しか船は来ませんよ」
なんて話を島に住んでいる人に聞いたので、
御蔵島ってほんとに船が来ないんだと思っていたけど、
やはりこの季節はそこまでひどくはないらしい。

イルカハガキ

忘れないように、と思って、念のためハガキにドルフィンスイミングのログを書いていたんだけど、
まんまと日記への書き忘れが判明。

−−−−−

御蔵島のイルカ船は、小さな漁船なのだけど、
御蔵島は黒潮がどかん、とあたっているので、
どんぶらこっことかなり揺れるのです。

そんな感じで揺られながら、私は初めて、
トビウオが船の上を飛んでいくところを見ました。
最初見たときは鳥かと思ったよ。
でも、よく見たら銀色に光る魚だった。
「船の上を飛ぶ」っていっても、船の高さギリギリのところを飛ぶんじゃないのよ。
船の上で立って操縦している、船長さんの頭より高いぐらいのところを飛んでいたのです。
ものすごい高さ。
(私は船から落ちないように座っているわけで、ものすごい高さを飛んでいるように見えた)

なかなか衝撃的な光景でした。

でも、あんまり高いところを飛びすぎて、
船に乗っている人にぶつかってしまう、
お間抜けというか、間が悪いトビウオもいるらしいのです。
かわいそうに。
posted by ひんべえ at 23:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

イルカに近づけた日

GWの前半は、御蔵島に行って来ました。
ちょっと心配だったけど、無事着岸。 O(≧∇≦)O

今まで3回ドルフィンスイムにチャレンジしてきたけど、
一度もイルカに遊んでもらえなかった私。
ドルフィンスイムというより、ドルフィンウオッチングに近かった・・・

でも、そんな状況を打破すべく、
今回はシーズンはじめに御蔵島へ出かけたのです。
水が冷たいのは覚悟の上!(寒がりだけど)
船酔いだってなんぼのもんじゃい!(乗り物弱いんだけど)

それだけの気合いを入れて出かけた御蔵島では・・・

イルカちゃんが、初めて「遊ぼうよ♪」って出迎えてくれました\(*T▽T*)/

イルカのおなか


突進


急接近

・・・
写真は全然撮れなかったんだけど。 (^〜^;)ゞ

なんかね、カメラを構えていないときの方が、
イルカが「遊ぼうよ」と言ってくれるような気がする。
カメラを構えている感じがイルカに好かれないのか、
カメラを構えると動きが鈍くなるから興味を引かないのかはわからないけど。

こっちを気にしてくれているイルカと目を合わせながら、
「遊ぼうよ」っ心の中で声をかけながら私が潜行すると、
イルカも一緒に潜って、こっちに寄ってきてくれたので、
すっっっっっっごい感動しました。 (T∇T)

今まで、「イルカちゃん見て!!!」って一人で潜って見せても、
誰も見てくれていなかったんだけど、
ひとりよがりはダメなのね。
やっと水の中で余裕が出てきたのか、そんなことに気がつきました。

こんな感じでイルカと見つめ合うのです。

イルカに誘われて

もっとも、私は潜行がへたっぴなので、
すぐに飽きられてしまいます。
イルカ同士で遊んでいるのを見るのも楽しい。

楽しそう

私もいつの日か、イルカと一緒に潜れるようになりたいなあ。
と決意を新たにしたのでした。

去年の小笠原でドルフィンスイムをしたとき、
泳ぎがとてもうまい人がいて、
その人は、私なんかがあきらめて船に戻った後も、
イルカと二人っきりで泳ぎ続けていたんだよね。
私にはその姿が、まるでイルカと会話をしているように見えて、
とてもあこがれて、その姿が目に焼き付いているのです。
私の理想とする姿はあれだよ。
これはもうちょっと練習して、秋に御蔵島に戻ってこないとね。

そういえば私がダイビングのライセンスをとったのは、
「イルカと泳ぐにはダイビングのライセンスが必要だ」
という勘違いから始まったのだった。

−−−−−−−

実は、御蔵島の里に滞在したのは今回が初めて。

お散歩で、雰囲気のよい神社にも行きました。

神社

御蔵島って自然が豊かなんだろうな、と思う。

偶然、民家の上棟式の現場にも出会いました。

上棟式

餅やお菓子をまく、本格的な上棟式を見たのはこれが初めてでした。
もちろん、ちゃっかり混じって餅を拾ってきてしまいました。
思ったより大変だったけどね。
上から降ってくる餅が何度か頭を直撃したし。(すごくびっくりする)
私は、せっかくだから「ご縁がありますように」ということで、
五円玉を一生懸命狙ったんだけど、自力では結局拾うことができず・・・
親切な島の人に分けて頂きました。
良いご縁があると良いな。
もちろん餅の方も無事ゲットして、美味しくいただきました。


そういえば、島でイルカの絵はがきを買って、自分宛に手紙を出したのですが、
(御蔵島の郵便局では、イルカの消印を押してくれるらしい。)
私たちが帰った後は海が時化ているらしく、船も欠航しているらしいので、
いったいいつはがきは届くのだろうか・・・
はがきを見たら、また御蔵島に行きたくなるに違いない。
posted by ひんべえ at 23:10| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。