2006年07月31日

こってりマスカルポーネとシュワシュワゼリー

小笠原旅行の日記を書こうと思ったら、
旅行前のお料理教室日記、1回分書いていないことを思い出したのでまずはそこから。

ちょっと久しぶりにお菓子のお教室。
メニューは、マスカルポーネとドライフルーツのタルトと、
ブラッドオレンジのスパークリングゼリー。

マスカルポーネのケーキ

普段は、タルトといってもクラッカーを砕いてバターと混ぜたもので代用することが多いけど、
今回はタルト生地から手作りです。(簡単な方のレシピだけどね。)

作り方の手順はクッキー作りに似ているんだけど、
クッキーと違ってふくらませてはいけないので、
バターにあまり空気を含ませないように混ぜるのがこつなのです。

それにしても、夏場のタルト生地作りはバターが溶けてしまい、
生地がすぐだれてしまうので難しいです。
キレイに生地をのばしてタルト型に敷きこむのって、
不器用な私には苦手な作業なのよね。

タルトは、中の生地がとても柔らかいので、
ピケをしないで重石をのせて一度焼き上げます。

タルトの中の生地は、マスカルポーネに砂糖と全卵と生クリームを加えてなめらかにします。
ここで第2のポイント。
マスカルポーネは
・室温に長く置く
・かき混ぜすぎる
の2つで卵と分離しやすくなってしまいます。
もう、ものすごい勢いで分離するのですよ。
わたしはこれで一度失敗してしまいました。
先生ごめんなさい。

砂糖はすぐに溶けるので、混ぜるのは最小限にして、
卵を少しずつ、なじんだらよけいなことをしないで次を混ぜていくのです。
料理は後ろを振り返ってはいけないのですよ。

分離することもなく無事になめらかな生地をつくったら、
ラム酒につけ込んだお好みのドライフルーツと一緒にタルトに入れてもう一回焼き上げます。

ドライフルーツは「これでもか」ってほど入れるので、
マスカルポーネのチーズケーキなのに味はとってもリッチ。
作った当日より、次の日の方が味が落ち着いて美味しいです。

ブラッドオレンジのスパークリングゼリーは、
ブラッドオレンジとスパークリングワインを混ぜて作ります。
見た目は普通のゼリーなのですが、
結構な量のスパークリングワインが入っているので、
ものすごくアルコールで、そしてシュワシュワします。
いろんな意味で「ゼリー」の概念を覆してくれます。

シュワシュワゼリーって結構斬新な食感ですが、
炭酸が苦手な私には辛い代物です。
炭酸好きであれば、ネタとして一度作ってみるとおもしろいかも。
posted by ひんべえ at 22:14| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

さそり座と小笠原太鼓

小笠原旅行から本日戻りました。

今回は台風に遭遇せず(うねりはあったけど)、
事前に大人買いしてため込んでおいたアネロンのおかげで、
ノーゲロでダイビング三昧でした。
よかったよかった。

小笠原では、さそり座と天の川の見方と、
小笠原太鼓を覚えてきました。

小笠原からは天の川がよく見えます。
星座に疎く、普段はほとんど夜空を見上げることのない私も、
小笠原ではさそり座と天の川を毎日眺めていました。

母島滞在中、地元の人が小笠原太鼓を練習する日があったので、
ユースで同室の人を誘って練習を見学しにいったら、
私たちにも太鼓を教えて頂きました。
小笠原太鼓は、八丈太鼓をアレンジしたものだそうです。
大学の時和太鼓をよく聞いていたからちょっとは叩けるかと思ったけど、
ぜんぜんそんなことはなく、あいかわらずのヘタレぶりでした。
昔取った杵柄といえるのは、
太鼓叩くときに自然と腰が落ちることぐらいかな・・・

あと、今回の旅行でも、たくさんの人たちと出会うことができました。
旅先で出会ったすべての人に感謝。

今回の小笠原旅行で得たものを忘れずに、
またいつの日か小笠原の海に帰りたいです。

写真は、母島で見た虹。
ここまで綺麗な虹は、はじめてみました。

母島の虹
タグ:小笠原
posted by ひんべえ at 19:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 小笠原旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

アネロンを大人買い

明日から、小笠原に行って来ます。

船に弱い私は、船に備えていつものアネロンを購入。

小さな薬屋で購入したら、
そのお店の全部のアネロンを買い占めることになってしまい、
おもいがけず、大人買いになってしまいました。

今年は、台風で海に出れない、
アネロンの出番無し、なんてことにならないといいなあ。

そんなわけで、しばらく留守します。
携帯も通じないので音信不通になりますが、生きてます。

でも、「小笠原でダイバー漂流」というニュースが流れたら心配してね。
posted by ひんべえ at 23:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小笠原旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

小さな多肉植物の試練

先日、ダイビングショップで小さな多肉植物をいただいてきました。
ちょうど同じタイミングで、
おおきなキティちゃんのマグカップをいただいたので、
マグカップを鉢植え代わりに育てることに決定。

多肉植物

・・・マグカップだから底に穴はあいていないんだけど、
大丈夫だよね。きっと。

土は、枯れてしまったレンゲちゃん(きっと一年草だからだよ・・・)の土を流用。
レンゲの分まで強く生きてくれ!
とりあえず、私がしばらく小笠原にいって留守の間を生き延びてくれ!!(切実)

この子の名前は、小笠原丸の25時間のあいだで考えるつもりなので、
帰ってきて枯れていたらショックです。

と心配しているんだけど、
最近、民家の玄関先で、
同じような多肉植物がわしゃわしゃと育っているのを発見。
あそこまで育ったらどうしよう・・・
うちはそんなに広くないです。
posted by ひんべえ at 23:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

これでもピザ

先々週のお料理教室は、ごちそうサラダピザ+ミネストローネでした。


ピザ


ピザといっても、
まずはピザ生地だけを焼き、
その上にベビーリーフとローストビーフを盛りつけ、
上からバルサミコソースとパルミジャーノチーズをふりかけるという、
ピ○ーラみたいな宅配ピザのイメージとはかなり違う仕上がりとなっております。

初めてローストビーフを自分で作ったのですが、
意外と簡単なのね。
肉に塩と胡椒で下味を付けたら、
深めに切り込みを入れて、そこにスライスしたニンニクを挟みます。
そしたら、フライパンで全面に焼き色をつけて、
(しかし、中まで焼かないように気を付けて)
あとはアルミホイルの中でしばらく保温したらできあがり。

こつは、フライパンで作る場合は、厚い肉では作れないので、
厚さ2センチぐらいのお肉を用意することでしょうか。

自分で作るローストビーフはうみゃいっす。
甘酸っぱいバルサミコソースと、
パルミジャーノの塩加減が絶妙な感じです。

バルサミコソースは、バルサミコ酢を煮詰めただけの簡単なソース。
バルサミコ酢を半量になるまで煮詰めます。
あんまりキャラメルにならないように、
鍋底に膜ができる程度でよいのです。
簡単でも、甘酸っぱくて美味しいです。

しかーし、
「ごちそう」っていうことなので、
ピザなのにナイフとフォークでいただいたのですが、
ピザをナイフとフォークで食べるのは辛い・・・

むしろピザ生地抜きで、
ベビーリーフ+ローストビーフ+チーズ+ソース、
で、ローストビーフサラダを作った方が美味しいかも。

ミネストローネは普通だったかな。
自分でもよく作るしね。
posted by ひんべえ at 23:29| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

はじめてのおでかけ

悪戦苦闘の末、どうぶつの森で「wi-fi通信」ができる環境が整いました。

どうぶつの森は、通信しないとできない機能があるので、
(たぬきちの店のデパート化や、特産ではない果物の栽培など)
この前から、どうしても通信したいと思っていたところなのです。

とはいっても、まわりには同士のお友達がいなかったので、
困ったときのmixi、ということで、
コミュニティでお仲間を捜します。

そしたら、うちの村から引っ越ししようとしていたブンジロウの引き取り希望の方がいらっしゃったので、
その方をお招きし、ついでにうちの村のデパート化に協力して頂くようお願いのメールを送信。

いざ実行しようとすると、結構エラーが出て大変だったけど、
本日無事、お招きすることができました。
これで、ブンジロウもよい人のところにもらわれていくでしょう。
たぬきちも、デパートにするべく改装をはじめました。

しかし、このときは招くだけだったので、
やっぱり私もよそのうちに行ってみたいと思い、
mixiで開門予告をしている人のお宅を訪問。


関所を抜けると、そこはお花畑でした・・・
(「雪国」風に。)

いやー、びっくり。
私も、もっと作り込んでいきたいなあ・・・
と決意を新たにしたのですよ。
(そして、まだ「英語漬け」に手を付けていなかったり。)

訪問先の方はいろいろとお持ちだったので、
おみやげとして持っていった果物は出る幕もなく、
逆に、いろんなものをおみやげとさせて頂き、
お世話になりっぱなしで帰ってきました。

しかも、
同じ画面に映っていないとチャットできないのかと思ったらそんなことはなく、
目の前の人だけに話しかけたつもりが会話が筒抜けだったり、
(もちろん、聞かれて支障があるわけではないけど。)
好きな家具をコピーさせてあげるよ、と言われ、
狙っていた家具があったので方法もわからず
「お願いします」と言ってしまってご迷惑をおかけしたり、
なかなかとほほなデビュー戦ではありました。

いつかうちも、人をお招きできるような村になりたいな・・・
posted by ひんべえ at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

一足お先に夏の世界へ

一足お先に、私の荷物達が小笠原に旅立っていきました。

ダイビング器材+着替えなどの荷物は
合計30キロ(ゆうパックの上限ギリギリ)になってしまうので、
力の無いレディーな私にはとても竹芝まで運べないわけですよ。

詰め込んだ荷物は、
・ダイビングセット一揃え。
今回はナイトも潜るかも知れないので、
ちゃんと2本ライトを持っていきますよ。
あと、夏の小笠原とはいえ、濡れた体でのボートの上は意外と寒いので、
ボートコートも持ってきます。

・着替え
Tシャツ、短パンばっかり。
選択するのでそんなに多くなくても。
と思いつつ、毎日遊んでいるので、洗濯も意外と面倒なのよ。

・水着
長期滞在なので2セットは必要。
あと、送迎時に水着の上に羽織るものもセットで。
水着で道を歩いてはいけません。

・洗濯セット
洗剤、洗濯ロープ、洗濯ばさみ、洗濯ネット。小さい角ハンガー。
下着洗ったりするときのために、ネットはあった方がいいと思う。
角ハンガーも、相部屋の時はあると便利。
相部屋だとロープを張る場所も限られてくるので。

・お風呂セット
インバスな部屋ではないので、手提げバックは必須。

小笠原丸の中で一日過ごすことになるので、
化粧品なんかは当日のお荷物です。
カメラ関係も壊れると怖いので手荷物。
そんなことをして詰めていると、
郵便屋さんに嫌がられながら重い荷物を発送したのに、
当日もけっこう重い荷物を竹芝に運ばなければならない感じです。

浜松町の駅、もうちょっと使いやすいといいのにな。
竹芝に行くときも羽田に行く時にも使うけど、
大きな荷物を持っているとあの駅は辛いのです。
posted by ひんべえ at 20:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小笠原旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

天使発見

日記に書きたいネタはたくさんあるんだけど、
書く暇が無くてネタだけがたまりまくる今日この頃。

そんな日々に癒しの天使が登場。

子猫さんです。

子猫さん

ノラさんなので人間を見ても警戒心満載。
しかし、子猫さんなので好奇心もあるらしく、
携帯カメラで写真を撮ろうとしたら、携帯ストラップの揺れが気になってしかたがないようです。
なのでばっちりカメラ目線です。

興味津々

どうやら4兄弟だったらしく、まわりに他の兄弟がいます。
でも、どの子もぜんぜん近寄ってこない・・・ (;_;)

兄弟

かなり暗くなってから撮った写真なので、無理矢理補正してます。

2兄弟

子猫だけで留守番をしているのかと思ったら、
ママが登場しました。
毛色は親子でそっくりだけど、
ママの方が毛が長くて、夏はちょっと暑そうです。

ママ猫

いつも食べてばかりいるうちのミーちゃんと比べると、
ノラのママさんは体がちっちゃいね。
こんな体で子育てができるのだろうかと、
勝手に心配してしまいます。
(というより、ミーちゃん太りすぎ。)
posted by ひんべえ at 23:20| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

よいと言われても

先週のことだったのですが、ひさびさにお料理教室に行って来ました。

旬の料理

クールビズなんてものが去年はやりましたが、
これはクールクッキングとでも言うのでしょうか?

「旬のものを使った料理は、環境に優しい」
「残り物を上手に使って、ゴミを減らしましょう」
ってことで、
鰹の手こね寿司と、
残り物を使ったカラフルおすましと、
サヤインゲンと鶏ササミあえ、
後は写真にはないけど、黒ごまソースがけのアイスクリーム、
以上4品を作ってきました。

一番美味しかったのは黒ごまソース!
練りごまとコンデンスミルクという、
買ってもあまりがちなものをあわせるだけで、
和風でこじゃれた美味しいソースを作れるので感激です。

手こね寿司とおすましも美味しかったけど、
予想どおりのおいしさ。

サヤインゲンと鶏ササミ和えは、
梅干しであえたので、
梅干しが食べられない私には×・・・。

夏っぽい料理ではあったけど、
夏バテに梅干しはいいと聞いたけど、
なんなら乗り物酔いにもいいと聞くけれど、
ダメなものはダメなのです。

全体的に、夏らしい和風なお料理でした。
満足。
posted by ひんべえ at 22:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。