2008年06月30日

幸せのバブルリング

今年2度目の御蔵島から帰ってきました。

今回はナギナギの海だぜ!と思っていたら、
最後の最後、私たちを乗せるために桟橋に近づくカメリア丸に強風が襲いかかる!
・・・
風に押されて桟橋から遠ざかるカメリア丸を見た時にはどうなる事かと思いましたが、
無事に日曜日に帰ってくることができました。


ドルフィンスイム中の海は凪だったけど、
今回は、なんかイルカ同士で忙しそうで、
あんまり人間に関心を示してくれなかったみたい。

最初に見た群がすごい勢いで泳いでいると思ったら、
「若いオスが子供を襲っているところ」 by船長
Σ( ̄□ ̄|||) それは人間が立ち入っちゃいけませんね・・・。
(野生のイルカはメスと交尾するのに邪魔となる仔イルカをオスが排除する「子殺し」が確認されてます)


他のイルカの群れもなんだか忙しそう。
人間より、イルカ同士で遊んでいるほうが楽しいみたい。
イルカ同士のじゃれあい

それでも時々遊んでくれるイルカさんもいたけど。

私が全力で泳いでもギリギリ届かないぐらいの速さで泳いでみたり、
(あれはわざとだったと思う・・・。)
イルカ同士で遊んでいる群れの中にちょっとだけ入れてもらったり。
(すぐにピューっと行ってしまった・・・)


一回、海藻を背びれにひっかけて遊んでいるイルカさんがいたので、
「パスちょーだい!」って近づいたのですが当然無視。
イルカ同士でキャッチボールしてました。

海藻で遊ぶイルカ
(そのイルカさんの写真。
ああ、なんで私は縦に撮ってしまったんだろう・・・)


やっぱり夏よりも、人が少ない春や秋のほうがいいのかなあ、
って思いながら、イルカをあきらめてカメの写真を撮っていると、
下のほうから、イルカさんが
「あれ?カメなの?僕を撮るんじゃないの?」
って感じで上がってきました。

からかいに来たイルカ

もちろんカメラをイルカさんに向けます。
それを確認すると、また仲間同士で遊びだすイルカさん。
思わず追いかける私たち。

・・・と、
なんと遠くの方で、イルカさんがバブルリングを!

イルカのバブルリング!
遠いので写真ではイルカの姿がわかりませんが、肉眼ではバッチリその瞬間を見ました。
ちなみに手前は、イルカさんが出てきて出番を失ったカメさん。

さすが肺活量の違いか、バブルリングもしっかりしてます。

泡のシャンデリア
イルカさんが泳ぎ去った後も、シャンデリアのような形をしばらく保っていました。

ボートに上がっても興奮冷めやらず。
野生のイルカのバブルリングを見たのは初めてでした。

「幸せのバブルリング」っていうし、
きっと私にも幸せがやってくるに違いない。うん。


<御蔵島のpicasaウェブアルバム>
(あんまり写真ないケド)

20080628_御蔵島
posted by ひんべえ at 22:05| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

直島では潜りません その1

前から興味はあったのですが、
いかんせん住んでいるところからは遠くって、
なかなか出かける機会をつくれなかった島。直島。

このたび、縁あって直島に行ってきました。

私が「直島に行ってきます」というと、
10人中9人が
「どんな海なの?」
と聞いてきますが、直島は潜るところじゃありません。
観光するところです。
(一応、フェリーの上から海をチェックしましたが、クラゲがいっぱいでした。)
アートなリゾートとして有名な島です。

普段は一人でフラフラ出かけることも多いのですが、
今回はなんと!最大で16人のにぎやかな旅行になりました。
まるで大人の修学旅行です。
ちなみに、「あなたに団体行動なんて無理では?」
という声もありましたが、やっぱり無理でした。テヘ( ̄∇ ̄*)ゞ
大丈夫だと思ったんだけどな〜。


土曜日。
新幹線で岡山まで行って、この日は岡山観光です。
最初は夜行バスで行こうと思ってたけど、月曜日の朝の新宿到着時間が遅いのであきらめました。
それにしても新幹線って速いね。すごいね。


まずは駅からほど近い後楽園を散策。

後楽園1

岡山城

広くて気持ちのいい公園でした。
駅から近い所にこんな公園があるなんていいな。

後楽園の主
公園の主、黒猫さん。
毛が黒くて長いからちょっと暑そう。

写真はないけど、バードウォッチャーなおじさんがフクロウを見せてくれました。
生フクロウを見たのは初めてです。

キビ団子もらってるスズメさんは、すでにお茶屋さんのメンバーなのでしょう。
お茶屋のスズメ


後楽園をのんびりお散歩した後は、倉敷へ移動。
実はチボリ公園が駅前にあったことに驚く。
いや・・・あんまり知らなかったから、てっきり郊外にあるものかと。
(その割には駅前に人が少なかった気がするけど)

みんなと「伊勢うどんはありなのか」(ちなみに私は「ない」)
の話などをしながら、腰が強いぶっかけうどんをお昼にいただいた後、倉敷川畔へ。

倉敷川畔


まずは大原美術館を鑑賞。

もうあんまり覚えてないけど・・・
赤い部屋で母親と子供が赤ん坊を囲っている絵がインパクトが強かった。
たぶん、子どもを囲んだほのぼの系を意図した絵だと思うんだけど、
赤い部屋と窓の外の対比が鮮やか過ぎて、
なんだかグロテスクな感じでした。怖かった。

あとは、デュシャンの落書きね。
個人的には、いかにも「とんがった現代美術です」っていうあの部屋ではなくて、
もっとおとなしい絵が並んでいる中に、シレっとした感じで並んでいてほしかった。
一通り鑑賞した後で、キャプションに「印刷物・鉛筆」って書いてあるのを見たらおもしろかったのに。
大真面目なキャプションだけでも十分にウケるけどね。

同じ部屋にあったクリストの梱包シリーズも好きでした。

現代美術のエリアは全体的に足が速くなったけど、
あのデュシャンの部屋はよかった。


大原美術館は本館だけで、いったん街に出る。
疲れたし(体力ないの)、どちらかというとゆっくり街歩きをしたかったから。

黒板で株価予想をする証券会社。(北田証券)
北田証券

こだわりの黒板

街並み見学というより見学されているような気がする船。
船

白鷺さんを撮ろうとしたら飛び立たれた。
倉敷のしらさぎ

さらに路地までテクテクと散歩。
倉敷の街並み

観光地ならではの、どうやって商売が成り立っているんだかよくわかんない趣味の店を冷やかしてまわる。
古本屋とか、手作り系のお店とか。
別に倉敷の歴史とは関係ないんだろうけど、浮世離れ感が好きです。

ものすっごい急な階段の上にいるお地蔵様。
急な階段
狭いし、あまり上りたくない階段ですが、ちゃんとお参りしている人がいるようです。

美観地区を高台から。
美観地区を眺める


一人でぶらぶらしていたら、もう観光客もいなくなる時間になっていたのでみんなのところに戻りました。
岡山市内に戻ってみんなでお食事して、この日はおしまい。
最初は雨が心配だったけど、さすが「晴れの国岡山」。
とてもあつい一日でした。
posted by ひんべえ at 22:47| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

はじめての業務日報

本日はお知らせのみの更新です。


--以下お知らせ--

小笠原でお世話になっているダイビングサービス、ウラシマンが
業務拡張のため女性スタッフを募集しております。
以下、簡単な募集要項です。

■資格:インストラクター
■年齢:不問
■性別:女子
■業務:現地ダイビングサービス業務全般
■待遇:経験により優遇
■いつから:応相談

詳細は以下へお問い合わせください。
URASHIMAN D.S OGASAWARA
http://www.urashiman.com/divingservice.html
ogasawara@urashiman.com
TEL 04998 2 7072 FAX 04998 2 7073
担当:森下(社長)


------------蛇足
posted by ひんべえ at 23:14| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 注目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

あなたの微笑みが私を動かす

御蔵島から無事に帰ってきました O(≧▽≦)O
いやあ、無事が何よりですよ。ホントに。
(去年船が出ずに島に閉じ込められた経験から。)


イルカのほうも絶好調!
赤ちゃんイルカにも会えたし。

子イルカ
(遠いけど・・・。)

私は酔い止め忘れて絶不調だったんだけどね。
酔い止めを忘れると動けなくなることをいやというほど思い知らされました。
それでもイルカの姿を見ると絶対に海に飛び込む私。

一生懸命泳いで、疲れて。
イルカのところに着いた時には息が上がる・・・。
しかも気持ち悪い・・・。
ああ、もうダメだ・・・。

と思ったところで、
泳ぎ去ったと思ったイルカさんが戻ってきて、
少しだけ一緒に泳いでくれました。


遊んでくれたイルカ
(くるりと反転しておなかを見せながら)

イルカさんと目をあわせながら並走していたら、
ふっと、イルカさんが目を細める。

おおっ!
イルカさんが微笑んだ♪(⌒▽⌒)


思わず私も微笑み返したら、
また次から泳ぎだす力が出てきました。


ああ、
あなたの微笑みが私を動かす。

そして私はまた御蔵島へと旅立つのです。


<御蔵島の写真>
・・・船酔いで写真どころではなく、こんなところで精一杯です。

浅場で

チームイルカ登場

光の国から
(今回のベストショット)
posted by ひんべえ at 23:23| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

ハゼを訪ねて三千里 Part2

ハゼ好きとしては外せないポイント、西表島。
去年に引き続き、ハゼ満喫ダイビングに行ってきました♪

・・・が、
5月だというのに3つの台風に脅かされ、
しかも風が強くて、往路は乗るはずの高速船が欠航という荒れ模様の海。
あんまりうまく写真を撮れませんでした・・・。

写真がないのに日記を書くのも大変なので、できるだけ簡単に。


1日目

1本目はコブシメの産卵を見学。

ふと気がつくと、真横にコブシメがいてものすごくびっくりした。
が、当の本イカは人間のことなんか目に入らず。
コブシメアップ

産卵中。
コブシメの産卵

こっちはラブラブモードのオス(手前)。
コブシメ交接中

こっちは戦闘モードのオス。
コブシメ闘い中

まったく同じオスで、ラブラブ→戦闘の間の時間は5秒間ぐらいですが、
目まぐるしく体色が変わります。


2本目は砂地でまったり。

個人的には初めて見た、クマノミより大きいイソギンチャクエビ。
でかい。
巨大エビ

隠れるオドリカクレエビ。
隠れるエビ

去年の秋に潜ったときにはトウアカクマノミが住んでいたイソギンチャク。
今はいなくなってしまいました・・・。
そのほか、まわりのイソギンチャクもなくなってしまい、
住宅難なミツボシクロスズメダイが殺到してます。
住宅難


2日目も島周りで。

ベニハゼの一種。ベニハゼだけど青いのです。
青いベニハゼ

強気なニチリンダテハゼ。
なんかこっちに向かってきた。
強気なニチリンダテハゼ

小さいのを撮っていたら、突然マダラトビエイが現れて驚きました。
マダラトビエイ


でもまた小さい被写体を追いかける。
これはヒトミシリハゼ。
ガラスハゼとの違いは・・・よくわかんない・・・。
ヒトミシリハゼ

ピンクのハートがぷりちーなイチモンジコバンハゼ
イチモンジコバンハゼ

ダルマハゼ系もいくつか撮ったんだけど、全滅でした。
無念・・・。
ダルマハゼ大好きなのに。


テンジクダイの口内保育。
中央のテンジクダイは、周りのと比べてイノキになってます。
口の中に自分の子供を抱えて一生懸命育てているのです。
テンジクダイの口内保育



3日目もやっぱり島周り・・・。
この日はナイトも潜ったので、4本でした。
今回一番感動したのは、やっぱりナイトダイビング!
サンゴの産卵を見るために夜の海に潜ったのですが、
そんなことよりも、夜の海をボートで走る、そのことだけで神秘的で素敵過ぎます。


スミレナガハナダイ・オス
スミレナガハナダイ・♂

スミレナガハナダイ・こども
スミレナガハナダイ・ちび

スミレナガハナダイ・おかま
スミレナガハナダイ・おかま


キンギョハナダイの大コロニー
伊豆にもいるキンギョハナダイだけど、
やっぱりきれいだし、これだけ揃うと圧巻です。
キンギョハナダイコロニー

ジョーフィッシュのアップ
ジョーフィッシュ

意外と目つきが怖い、ハリセンボン。
ハリセンボン

産卵中のサンゴ(よーく見ると上のほうにピンクの卵が・・・。)
テレビで有名な、一斉産卵をするタイプのサンゴではなかったので、
産卵をしているサンゴを探すのが大変でした。
サンゴの産卵

実はライト周りがすごいことになっています。
夜の海は大中小のカッパエビセン(のパッケージのエビ)が乱舞する異世界でした・・・
カッパエビセンの乱舞

産卵とは関係ないけど・・・サンゴのアップ。
サンゴのアップ

夜に遭遇すると、ウツボもちょっと怖いです。
夜のウツボ


今回の西表は、
やっぱり何といっても夜の海面の美しさ、これにつきます。

またボートでナイトダイビングしたいな〜。
でも、遠出して潜りに行くと、夜は飲んじゃうことが多いんだよな〜


<西表島のpicasaウェブアルバム>

20080515_西表島
posted by ひんべえ at 23:14| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

ノライグマのブルース

今日は梅雨の中休み。
さわやかな朝、気持ちも軽やかに出勤のためにドアを開ける。

と、我が家の目の前にある駐車場にいた動物がその音で振り返る。


のら犬・・・?

・・・

あれ?犬じゃない。

・・・

うちに未確認生物がでた!!!( ̄ロ ̄|||)

UMA
我が家に現れたUMA(未確認生物)
(惜しむべくは、いつもの携帯が修理中でカメラの性能が・・・。
一度なおしたのに、また壊れました orz)

朝からの予想外の事態にしばし硬直。
しかし気を取り直し、とりあえず携帯片手にUMAを激写すべく近寄る。

が、
正体がよくわからない動物相手にどこまで近づいていいものか迷う。
へっぴり腰で近づいたら相手が動き出したので、
あわてて3歩下がる。

うーーーん ( ̄  ̄;)
あれはタヌキなんだろうか。
っていうか、一応この辺は住宅街なんだけど、
なんでタヌキがこんなところに・・・。

しばし離れてUMAを観察。

ところがふと気がつくと、
私以外の人たちは何事もなかったように通り過ぎて駅に向かっている。
寛ぐ猫
近所の猫もすぐ近くでくつろいでる。
(どっちかというと私の方が警戒されている。)

あれ?
もしかして、大興奮してるの私だけ?
なんか他の人はめっちゃ日常じゃね?
ここはもともとタヌキが住んでいる地域なの?
私が知らなかっただけ?

UMA相手に考え事をしていても遅刻をするだけなので、
とりあえず私もそのまま出勤することにしました。


職場で他の人に写真を見せたら、
「タヌキではなくてアライグマなんじゃないか」
という説も。
ネットでいろいろ調べても、
写真がうまく撮れていないからよくわかんなかったけど、
顔が細いから、ハクビシンのような気もするなあ・・・。

どちらにしろ、結構ボロボロな感じでした。
タヌキorアライグマorハクビシンにとって、
やっぱりここは住むべき場所ではないのかも知れません。
たった一人でボロボロになって、
なんでこんなところに来ちゃったのかなぁ・・・。
posted by ひんべえ at 21:27| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

半年ぶりの夏

ここのところ、ダイビングで毎回寒い思いをしていました。
(沖縄とはいえ、冬と春は寒いよ。)
しかも、住んでるところは平年より早く梅雨入り。
クールビズになったとたんに肌寒い日々。


ええーい!夏はまだかーーー!!!(ノ ̄∇ ̄)ノ┻━┻


ということで、
夏を迎えに、週末でグアムに行ってきました。

グアムは暑かったよ!
やっぱ、ボートダイビングは太陽の下で、
暑い日差しと涼しい海風に吹かれながら、
青い海を眺めるのが最高だね。
(日焼けは気になるけどね。)

ブルーホールとダイバー

ヘルフリッチ

アプラビーチ

詳しい日記は・・・
・・・
・・・西表島と直島の日記の後で (ーー;)


ちなみに今週末は御蔵島です。
また寒い海に戻ります。そしてまた日記がたまります・・・。
posted by ひんべえ at 22:07| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

まぐれあたりのリベンジ

先週末は直島行ったり、今週末はグアムに行ったり。
いろいろと書きたいことはあるのですが、
まだ日記は西表島前のお料理教室です。

早く海ネタ書きたい・・・
がんばるよ。超がんばる (`・ω・´)
だけど「日記は日付順」をやぶれない小市民な私。


====

カフェメニュー2

ひさびさに、パン教室でパンを作ってきました。
メインはフォカッチャです。
あとはデザートに簡単バナナブレッドと、マンゴースムージー。
生ハム&チーズの盛り合わせとグリーンサラダもあったけど、
これを「お料理教室で」といったら怒られるだろう。

わたくし、なんといっても不器用なので、
生地をバンバンこねるのだったらうまくできるんだけど、
そのあとの成形が苦手。

今回は、生地をこねるところは先生がやってくれて、
私たちは成形と焼きだけでした。

というわけで、いきなり苦手なところから始まる。
切った面を生地の中に入れ込んで、表面をなめらかに、丸く成形する・・・
というのが毎回うまくできない。
どうしても、切断面がうまく繕えないんだよね。
あんまり触るのもよくないし。

今回はそれなりに丸く、きれいにできたかな、
なんてパン生地片手に考えていると、
突然デジャブ感に襲われる。

・・・「(ーヘー;)
・・・「(ーヘー;)
・・・「(ーヘー;)


・・・(ー∇ー;)あ、

前に同じような教室に行ったことあるじゃん。


いや〜。日記を書いてなかったら気がつかないところでした。
すごいな日記。
3年前から進歩していないことまで丸わかりだよ。
今度からは過去の日記を見てからお料理教室に申し込もう。

前のフォカッチャはオリーブをのっけたけど、
今回はオリーブなし。
でも、やっぱりフォカッチャの味のポイントは焼く前にふる塩のようで。
沖縄に行ったとき、塩専門店で何かかってくればよかったなあ、と思いました。
お好みでハーブをのっけてもおいしいと思います。

それよりも何よりも、
やっぱりパンの一番のポイントは
「焼きたて」
ってことだよね。
どんなパンでも、焼きたてにかなう美味しさはないです。
自分のはちょっと焦げちゃったけど、
「うみゃ〜い」
となってしまうほどおいしいフォカッチャでした。


バナナケーキは、記憶にある限り前と同じ作り方。
バターを溶かして入れちゃうタイプね。
ホイッパー一つでガツガツっと、
簡単に出来てしまうケーキです。
家庭料理ですね。


この2つを作ってしまえば、あとはもう料理じゃないよね・・・。
生ハムとチーズはおいしかったけどさ。

ちなみに、写真撮影用のお見本にはワインがでてましたが、
実際の試食にはワインがでませんでした。
残念・・・超ワインがあうカフェメニューだったよ。
飲みたかった・・・。
posted by ひんべえ at 22:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。