2009年09月27日

去年は三日月、今年は三角

ただいまぁ O(≧▽≦)O


出発からいきなり遅刻しそうになったりしたけど、
今回も楽しくモルディブでダイビングができました

今回は3回目となるダイビングクルーズ。
一日中海の上で過ごす生活は、
朝はコーヒー飲みながら朝日を眺め、
時間になったらダイビング。
空いている時間はダラダラと海を眺め、
一日の予定が終わったらビール片手に夕日を眺めるという、
お気楽生活でした。
幸せ。

グリーンフラッシュは今回も見逃したけど、
(みんなと一緒に見てたんだけど、やっぱり私だけわかんなかった)
夜は運よく、月の入りを見ることができました。
当然と言えば当然なんだろうけど、
月は沈む時にほのかに紅く染まるのですね。
静謐な光景でとても素敵でした。
地球はやっぱりとても美しいです。


ま、そんな生活をしていると、当然日に焼けるわけで。

去年の小笠原では、首に塗った日焼け止めと丸襟のラインの間に隙間があったため、
三日月型の日焼けでツキノワグマのようだったのですが、
今年は、胸元に塗った日焼け止めと三角ビキニの間に隙間があったため、
胸元に謎のトライアングルが出現しました。
私は勇者にでもなれるんでしょうか。


写真はまたあとで。
今日はとりあえず寝ます。
posted by ひんべえ at 23:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

日暮里駅

image/2009-09-19T07:09:251昨日遅くまで飲んでたら寝坊しそうになった…

今日からモルディブ行ってきまーす

初のインド洋進出
私の「七つの海制覇計画」は順調だぜ(`∀´)

それにしても日暮里駅が超混んでる
そりゃそうか
成田も混んでるんだろうな
ガンバろ
posted by ひんべえ at 07:23| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

実用と装飾のあいだ

イルカも好きだしソラスズメダイも好きだし、ウミウシだって大好きな私だけど、
レックダイブも大好きだったりします。

あの廃墟感がたまらん。

で、レックダイブ好きは、工場も好きだと思うのですよ。
だから、工場萌えCruse in KEIHIN (化学プラントコース)に行ってきました。
若干男の子趣味であるけれども。


川崎の工業地帯の工場達を、運河を入り込む船に乗ってただ鑑賞する、というクルーズ。
うかつなことに、クルーズ船の写真を撮るのを忘れたけど、ちょっと小さめな船。
運河の中を航行するからあまり揺れないだろう、という予想に反して、
風が強かったせいか、意外と揺れました。
船の揺れには慣れてるから大丈夫だったけど。

P9060229.JPG
こんな感じで工場を愛でます。
(優雅に座っていたのは最初だけで、最終的にはお客さん総立ちになってましたが)


以下、ひたすらインダストリアルな工場写真が続きます。
ちょっと前までのナチュラル路線を好まれる方には苦痛かもしれません。
実はどっちも海なんだけど。


クルーズが始まると、しばらく倉庫&タンク&発電所が続きます。

P9060231.JPG
おしゃれな市松タンク。

P9060233.JPG
火力発電所にある煙突は高い。下にある構造物の黄色い色もオサレポイント。

P9060243.JPG
同じように見えて、なぜか微妙に大きさが違うタンク群。
大きさそろえた方が合理的なような気もするけどな〜。


運河の中に入ると、だんだん工場に近づいてきます。

P9060271.JPG

と、同時に、鼻につくケミカル臭。
さすが、化学プラントコースです。
運河によって微妙に臭いが違っていたりして、
確実に体に悪い感じです。運河に住むカモメさんの体が気遣われる。

P9060277.JPG
敷地自体が工場であるかのように張り巡らされているパイプ。

P9060285.JPG
黄色い手すりが定番のオシャレのようです。

P9060298.JPG
工場じゃないけど。
役割を終えたブルートレイン達が並ぶ。
はたして、これは後ろに積み上げられているスクラップへのフラグなのか、
どこかの異国へ輸出されるフラグなのか。

P9060310.JPG
働く巨大クレーン。

P9060316.JPG
精緻なパイプのラインも魅力的だけど、ダイナミックなパイプも素敵。

P9060317.JPG
錆びと緑の対比が私のツボです。

P9060354.JPG
このクルーズのハイライト、双子の工場。

P9060351.JPG
これも双子の近く、双子に比べてクールな感じ。夜景がきれいなのだそうです。

P9060348.JPG
煙突に付随するパイプの、グニャリ具合の意味がよくわからない。
きっと意味があるんだろうけど。

P9060366.JPG
通称、「バンザイクレーン」、こっちはカニさん。

P9060367.JPG
こっちはエビさんだね。


ここまで意図的に紹介を後回しにしましたが、
私が一番好きだった工場は、実は化学プラントではなかったりする。
ツボったのは、クルーズ開始すぐに見えたここ。

P9060335.JPG
周りが空き地で緑に覆われ、モクモクと煙を吐く赤茶けた工場。

なんか、全身錆びた赤茶けっぷりに廃墟感があって、
まわりの草地とあいまって、
「人類が一度滅んだのに動き続ける工場」みたいなファンタジー世界を感じるのですよ。
たまらん。
煙モクモクで現役の工場に対する褒め言葉ではありませんが。

化学プラントコースはこの工場に近づかなかったのが悲しかった。
こっちに行くのは製鉄所コースだったらしい。
そう、このマニアックなクルーズ、さらに好みが細分化しているのです。
パイプを愛でていたはずの私が、実は製鉄派だったとは気がつかなかったぜ。


クルーズの雰囲気をお伝えするべく、動画も撮ってみました。


人数にも余裕があったり、お天気には恵まれたし、
楽しいクルーズでした。
興奮して写真撮りすぎて、
バッテリー切れで最後の綺麗な夕日が撮れなかったのはご愛敬。
posted by ひんべえ at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

三宅島最大級の大物

御蔵島で友達と別れ、ひとりで渡った三宅島。

三宅島到着は午後2時ぐらいになるので、
この日は昼寝をしたり、三宅島温泉「ふるさとの湯」でのんびり温泉につかったりして過ごしました。

温泉つかりながら夕日を眺める。
旅行に行くと毎日夕日を見ることができて、うれしいです。
きれいな夕日を写真に撮りたいけど、お風呂だからな・・・、と思っていたら、
お風呂にカメラを持ち込んで夕日を撮影している人がいました。
いいのか?あれ?


次の日は3本ダイビング。
1本目はボートポイント、テング根。
ウミウシをいっぱい見ました。

P8290086.JPGP8290094.JPG
(左)ちょっぴり灰かぶり状態のシンデレラウミウシ・・・と思いきや、ゾウゲイロウミウシ(紫)。違いがわからん。
(右)こっちはゾウゲイロウミウシの白。交接中。大きさが結構違うけど、いいの?

P8290097.JPGP8290104.JPG
(左)キャラメルウミウシ。ドラマの最後の自白シーン?というロケーション。
(右)フリルがゴージャスなフチベニイロウミウシ。図鑑よりかなりゴージャスだけど、ギャル系なのか。

P8290111.JPG
意外とかわいくないオトヒメウミウシ。平べったい。

P8290082.JPGP8290110.JPG
ウミウシ以外。
(左)擬態が上手なクダヤギクモエビ。わかる?
(右)いつかその可憐さを再現してみたい、オオナガレカンザシ


2本目、3本目は三宅島の定番ポイント、大久保浜
ビーチだけどいろいろ見れて、好きなポイントです。

P8290119.JPGP8290152.JPG
(左)どこにでもいるけど、大好きなキンギョハナダイのお子様
(右)小さくてシャイなハナタツ(旧タツノオトシゴ)

P8290161.JPG
モヒカンが立派なコケギンポ

ここでもウミウシシリーズ。

P8290132.JPGP8290143.JPG
(左)ちゃんととれば綺麗な、サキシマミノウミウシ
(右)ファンキーなセンテンイロウミウシ

P8290170.JPGP8290177.JPG
(左)ヤッコエイを上手く写真に撮ろうと悪戦苦闘。
(右)イロカエルアンコウ。通称イロケロ。


壁際のウミウシ探しをガイドさんに任せ、のんびり泳いでいたら、
突然目の前に現れた、自分の体ぐらいある大きさの影。
激しく動き回るその影に
「この深度でこの暴れっぷりでこれだけ大きさのサメに出会ったらヤバイかも」
とビビりながら恐る恐る見ると・・・

P8290172.JPG
なんと、それは2頭の若いイルカ!
2頭でじゃれあいながら、あっという間に目の前を去っていきました。

P8290173.JPG
ダイビング中にイルカに会うのは初めて。
しかも、まったく期待してなかった三宅島で。
レギュレータをくわえたまま「イルカ!イルカ!」と叫んでました。

呼ばれたガイドさん、しっぽしか見ていなかったらしく、
「何がいたの?」とスレートを渡されたので、「イルカ」と書いて教えてあげたら、
「ホントに!!!」ってガイドさんも叫んでた。

上がってからも実はガイドさんが一番興奮してたかも。
大久保浜でイルカが出たなんて、今まで聞いたことがないって。
写真、お店のログにも採用されました。

一方の私は、ほら、私は御蔵島でたくさんイルカさんと遊んだあとで、
あの大きさのサメだったら、それはそれで面白かったかも、と、思わなくはない。

いやいや、もちろん、私も初めての水中イルカに大興奮。
御蔵島ではバブルリングを見たし、イルカ運に恵まれた今回の旅行。
イルカさんとのご縁は大事にしたいです。

しばらくその場で、「イルカちゃん帰ってこないかな〜」と待っていたけどその気配はなし。
待っている最中にカメを見たけど、みんな反応が薄い(笑)


3本目は、他のお店のお客さんと大人数でダイビング。
「そのかわり、明日はマンツーで潜りましょうね」
といわれ、のんびり潜ることにする。

もちろんイルカさんとの再会が気になるので、
中層が気になって気になって仕方がない。
このダイビングではウミウシの写真を撮りませんでした。

エントリー直後、寝ているカメを発見。
結構近づいても、逃げなかったので写真を撮っていたら、
なんと右手がないことを発見。

P8290191.JPG
この子はもう4シーズンも頑張って生きているそうです。
泳ぎもぎこちなくて速くないんだけど、
頑張ってこのあとも長生きしてほしいです。



中層ばかり気になるので、カンパチが目に入る
P8290200.JPG

あとは、ちっちゃいクマノミ。
P8290209.JPG
このサイズのクマノミが一番かわいいと思う。


次の日のマンツーに期待していたけど、
次の日はあえなく台風でダイビング中止・・・。

この日の夕方、こんなに空はきれいだったのに、
P8290227.JPG

台風は恐ろしいものです。

夏に行くからいけないんだろうけど、
今度こそ、台風の影響がない三宅島でたっぷり潜りたいな。
posted by ひんべえ at 21:50| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

喜ぶか怒るか、怖れるのか

最近はすっかりさぼっているのですが、
ダイビングで撮った写真は、整理してpicasaウェブアルバムにアップロードしてます。
(ラパス以来アップしてませんが・・・)


このウェブアルバム、実はコメント機能があるのですが、
開設3年目にして初めていただいたコメントが、なんと
「写真が盗作されているのでは?」というご連絡でした。

気になったので、ご指摘の写真を見てみました。
(ここから直接リンクは貼りませんが)
確かに、そっくり。
違うことといえば、相手の撮影データだと、機種がD90になってた。
そんないいカメラ持ってません。


ホントに盗作なのかなあ・・・。


別に実害はないけど、
個人的には、
広大なネットにひっそりアップされた写真に、ウリ二つの写真?盗作?が存在することと、
それを見つけてコメントをしてくれる人がいるということに、
ネット社会の検索性の高さというか、
なんかよくわからないけど、ネットの凄さの片りんを見た気がします。
業界の片隅で生息する身ですが、ネットすごいねえ。

そして、たまにはpicasaウェブアルバムにも写真をアップしようと、改めて思いました。
忘れてたぜ。
posted by ひんべえ at 00:01| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

イルカとの愛の共同作業

すっかり日が落ちるのが早くなりましたね。
職場が暑くって熱射病直前でも、
夏が大好きだから、夏が終わってしまうのはさみしい。


そんな私の今年の夏休みパート1は、御蔵島&三宅島。

御蔵島には何度も行っているけど、
水着で潜れる時期に行ったのは初めてでした。

やっぱり、水着だと潜るのが楽です。
海の中でイルカに夢中になっていると、
息が苦しくなった時、想像以上に深い場所にいてびっくりしたことも何度か。
(それでも3〜5mぐらいしか潜ってないと思うけど)


平日だったのに、さすがは8月、海は結構混んでいました。
そうなると、イルカちゃんも、4月ほど機嫌がいいわけにはいかないのですが。

P8270006.JPG
一緒に遊ぶ?
・・・と、誘われる頃には、息が切れてて潜ることができないのです。修行せねば・・・

こんな感じでイルカさんと遊んでみたい。
P8270008.JPG

P8270012.JPGP8270014.JPG

どちらかというと、イルカ同士で遊んでいることの方が多かったかも。

P8270027.JPG

絡み合いの時は、人間が近づくのは好まないようです。
P8270025.JPG

今回、バブルリングを2回見ました。
船長さんも「すっごいバブルリング出してますよ」と言っていたし、
今、御蔵島のイルカ界ではバブルリングブームが来ているのかな?

1回目のバブルリングは、他のイルカを見ていたら発見が遅れました。

P8270020.JPG
(下の方の泡が、かなり崩れてきたバブルリング)

P8270021.JPG
「崩れちゃって残念だったね」

2回目はバッチリ!
私の近くでのバブルリングです。

P8270033.JPG
(ワイコンつけているから遠く見えるけど、実際は近かったです)

とてもきれいな形のバブルリングを見た瞬間、
なぜか
「この輪をくぐらなければ!」
という使命感が目覚めたのですが、
ハタと冷静になって、
無理やりくぐって綺麗な輪を壊してしまってはもったいないし、
一人で遊んでいる間にイルカさんが行ってしまったらさみしいし、
ってことで、くぐるのをやめました。

あ〜、でも、
今になって思うけど、
やっぱりくぐっておけばよかったかも。
ネタとして。
記念として。
イルカさんが作った輪を私が作る。
そんな愛の共同作業。


夏休み中ということで、お子さんも多かったです。
なんとなく気に入った写真。
「僕とイルカの夏休み」
P8280057.JPG
泳ぐのが上手な子でした。


あとは、御蔵島の定番。
公園から見る綺麗な夕日と、
御蔵島の水を使った山屋のかき氷。

P8270040.JPGP8280067.JPG

今年初めてのかき氷でした。(カルピス味)
御蔵島のかき氷、とってもおいしいです。


御蔵島には友達といったんだけど、
彼女は土曜日に用事があるとかで、御蔵島に一泊だけして帰り。
私は一人で三宅島に移動して、ダイビングをすることにしました。

夏だから海も穏やかで、着岸を心配する必要はほとんどなし。
素晴らしい。
混んでるけど、やっぱり夏の御蔵島もいいな。


三宅島編に続く。
posted by ひんべえ at 22:00| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

人魚が見る秩序

しばらく生活がバタバタ、落ち着かない日々を送っていたら、
うっかりと海から3か月も遠ざかっていました。

なんてこと。
気温が上がってきたのに、久米島以来ダイビングをしていないなんて。

ミネラル分の不足分をひしひしと感じていたところに
「23日にIOPのブリマチに行きませんか?」
といううれしいお誘いが。

御蔵島に出発する3日前だったけど、
3日もあれば器材も乾くだろうと、即参加表明。

ちなみに、ブリマチというのはIOPの北側の根のことで、
ちょっと遠いので水面移動が長くて大変なポイントだったりする。
待っていればブリが見れるんだと思う。たぶん。(見なかったけど)


朝は始発の電車に乗って、集合場所で車に乗せてもらい、IOPへ。
天気が良くて暑い日でした。
なんか、この夏は室内にいることが多かったから、
8月も終わりに近いというのに、やっと本格的に夏を味わったという感じ。
日焼けは怖いし暑いけど、やっぱり夏はうれしい。


一本目は予定通りブリマチ。

P8230017.JPG

ソフトコーラルがとてもきれいなポイントです。

ウミウシ団地を発見。
ガーベラミノウミウシ(白)のファミリーと、スミゾメミノウミウシ(黒)がウミヒドラで同居。

P8230012.JPGP8230008.JPG

初めて見たから「おお!」と思ったんだけど、このへんじゃ普通、
なんだったらこの団地は小規模な方らしい。
そんなに密集して住んで、食糧危機とか起きないのだろうか?

ブリマチからの帰り道は、行列ができていたカミソリウオ
P8230035.JPG

ちっこくてかわいいミツボシクロスズメダイ
P8230040.JPG

などを見ながら、のんびり帰ってきました。


2本目は、砂地〜1.5根をぐるっと。

どこにでもいる魚なんだけど、カミナリベラの♂の青いラインがとてもキレイで、
いろんなカミナリベラを追いかけて写真を撮ったんだけど、
動きが速すぎて、全然撮れなかった・・・

P8230052.JPG
(これでも一番まともな写真)

尾びれを広げるとまたこれが鮮やか。
急にダッシュしたり止まったり、せわしなく泳ぐのは求愛のダンスなんだろうけど、
♀よりも私の方が誘惑されていました。
いや、私も♀といえば♀だけどね。

みんなで探したカエルアンコウ。
半開きの口から見える歯が微妙におまぬけ。

P8230057.JPG

カミナリベラがうまく撮れなかったので、
結局いつもの、アカイソハゼを撮ってしまう。
やっぱりハゼはかわいい

P8230070.JPG


ひさびさにミネラルの補給ができたし、
元気なソフトコーラルを見ることができて、いいダイビングでした。


それにしても、8月のIOPは初めて行ったけど、意外と家族連れが多かったです。
IOPの海は波があるから海水浴は向かないと思うけど、
磯プールでみんな遊んでました。

その磯プール、イベントで「魚のつかみ取り大会」とかやってます。
プールに放たれたアジを子供たちがつかみどります。
で、とったアジはその場で係りの人が焼いてくれます。

楽しげなイベントではあるのですが、
ダイビングでおサカナを見た後だと、ちょっと複雑。
特に、焼く係りのお兄さんが、トングをカチャカチャさせながらアジが届けられるのを待っている姿を見て、
なんだか焦熱地獄の番人のように思ってしまった。
お兄さんは何も悪くないんだけどね。
海から上がった直後は、いつの間にかおサカナ目線になっていたようです。
いや、人魚目線といっていいのかな?
posted by ひんべえ at 00:44| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。