2010年08月31日

奇跡のriver

ちょっと遅めの夏休みということで、一航海で小笠原に行ってきました。

事前の天気予報では、小笠原滞在中だけ雨!というなんともイヤな予報が出ていましたが、
実際は、夜のスコールと、昼間に一度だけスコールに降られたぐらいで、
毎日小笠原の太陽の下でダイビングを楽しむことができました。


ただ、風が強かったので、ダイビングポイントは島の西側限定。
もちろんケータもなし。

なんかこう、小笠原らしいムレムレの魚が見たいなあ。
今年は神子元でハンマーリバーが大当たりしたみたいだけど、
ハンマーじゃなくていいから、クマザサリバーとか、ウメイロリバーとか、
とにかくリバーが見たい。

と最終日にダダをこねていたら
ムレ狙いで入った西島SWで

ウメイロモドキが流れ
P8300336.JPG

ムレハタタテダイが踊り
P8300320.JPG

イソマグロが闊歩し
P8300323.JPG

イルカが遊ぶ
P8300343.JPG


という、「1ダイブで小笠原の魅力ををぎゅぎゅっと詰め込みました」的な大ヒットのダイビングになりました。
今までの小笠原のダイビングの中で一番だったかも。


イルカちゃんが遊びに来てくれたのが一番うれしい。
水の中で「キュイキュイ」という声が聞こえたあと、
二頭のイルカが、ダイバー一人一人を確かめるようにまわっていきました。
スクーバ背負っているのに、私もまわってしまったよ。


その時に撮った、お気に入りの一枚。
P8300342.JPG


8月の小笠原はキレイなボニンブルーでした。
posted by ひんべえ at 21:27| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 小笠原旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

花火より団子

一週間前に誕生日祝いをしたから気が抜けた、というわけではないのですが、
誕生日当日は、二日酔いでふらふらする冴えない一日となりました
前の日飲みすぎた・・・。

気を取り直して次の日、改めてお誕生日祝いぴかぴか(新しい)のあと、地元の花火大会へ。
浴衣は着なかった、けど、駅から会場まで3キロぐらいあったので、正解。
浴衣は来年への持ち越し課題ということで・・・。

ローカル花火大会だし、メイン会場ではなくサブ会場(?)のほうだったから、ゆったりと見れました。

CA3A0321.JPG
携帯しか持っていかなかったから、写真は無理だった。


スターマイン、大スターマイン、スペシャルスターマイン、ファイナルスターマインと、
スターマインづくしのプログラムでした。
携帯で撮るんだったらスターマインが撮りやすいけど、
煙で途中から見えなくなっちゃうのが欠点だね。


で、本題。
最近気になる素朴な疑問。

生まれも育ちも関東な私は、おやつに買う串団子といえば
  • みたらし団子
  • 磯辺団子(醤油の団子に海苔が巻いてある)
  • 草団子(ヨモギ団子の上にあんこ)

なわけですが、
ある日、名古屋出身者との会話の中で
「磯辺団子も草団子も見たことがない。団子といえば、みたらし団子か三色団子。」
と言われて驚き。

花火後の飲み会の時にもリサーチしたけど、やはり関西の人は三色団子のほうが馴染があるようで・・・。

個人的には超意外だったのです。
だって、磯辺団子は磯辺餅の、草団子は草餅の変形みたいなものだから、一般的なのではないかと。
みたらし団子のほうが、あのタレは団子の他になさそうで、マイナーっぽいけどなあ。
名前の意味もよくわからないし。

ついでに言えば、三食団子は、漫画などではみるけど、
子どもの頃、私の身近にはなかったように思います。

ということで、俄然気になりだした団子のご当地性。
だけど、周りにいるのは自分と同じような生粋の関東人ばかりなので、
「全世界に広がるインターネッツ」に聞いてみようかと思います。

おやつの串団子といえば、
「磯辺団子・草団子」 VS 「三色団子」
のどっちがお馴染?(出身地を書き添えてちょ)

特に東北方面は知り合いがいないので、情報求む。

そういえば、大人になってから「おやつに団子」って買ってないな。
久しぶりに食べたくなったな。

posted by ひんべえ at 23:28| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

ぞろ目記念

お誕生日は来週なのですが、仕事の日程の都合上、この週末にアンドラ・モンターニュへ出かけてきました。
■■師匠のコラム■■を読んでから、一度は行ってみたいと思っていたのです。

新潟まで出かけて、おいしいものを食べることしかしないという贅沢。
たまにはね。ぞろ目記念だし。

papandan / sean
平日だし新幹線とか超余裕 と思っていたら、駅に大荷物を持っている人多数で、世間がお盆だということを思い出す。でもたにがわは空いてたよ at 08/13 15:55
papandan / sean
新幹線ホームを歩き回る、太ももが白い鳩を「モモヒキ」と名付ける トレンカとかにしないのは、強く逞しく生き抜いて欲しいという私の愛です at 08/13 13:54
papandan / sean
30分前に差した目薬が口におりてきて苦いなぅ やっぱり目薬嫌いだ at 08/13 13:47
papandan / sean
大宮駅で新幹線から降りてくるお相撲さんの集団を見た at 08/13 13:45
papandan / sean
これから、アンドラ・モンターニュでオーベルジュ体験してきます おいしいものをたらふく食べる予定 at 08/13 13:28


こんな感じで移動。
15時半ごろついて、ウェルカムドリンクをいただいた後、
お腹をすかせるために近所をお散歩。

すぐ近くにスキー場のリフト発見。冬はスキーもいいな。番犬ワンコに猛烈にほえられる。
お盆時なので、お墓参りをしている人多数。お墓に、竹で作った見慣れない飾りがあるのは、このあたりの風習なのか。
あと、家の軒先に小さな池がたくさん。鯉もいる。水が豊かな土地柄?
一匹、取水口に居座るジャグジー好きの鯉を見かけて、大笑い。


余裕をもって宿に戻り、ひと風呂浴びてすっきりしたあと、お待ちかねのディナー。
(個人的には、すっきりした後にディナーを食べられるが嬉しかった。)

本日のメニュー
CA3A0289.JPG
テーブルセッティングがかわいい。お誕生日祝いということで、ベニバナの花束をいただく

CA3A0288.JPG


一品目のラタトゥユは、「やったー!ディナーの始まりだー!」と興奮して、
いきなり写真撮るのを忘れました (´・ω・`)
トマトの煮込みだけど、トマトが強すぎず、トマトのうまみの上に各お野菜の味がしっかり主張してて、
とても美味しいアミューズでした。
ラタトゥユって自分でも作るけど、どうやったらあんな風に、トマト・トマトにならずに、すっきりと食べられるんだろう?


噛みごたえサラダ

CA3A0290.JPG
黒キャベツって真っ黒なのかと思ったら、ちりめんキャベツに似たものだそうです。味がしっかりしていておいしい。
サザエもたっぷり。「豆は?」とさがしていてたら、シェフの手違いで次の料理に・・・。
次で茶豆を食べたら、こちらも固めにゆでてあったので、本当に噛みごたえサラダでした。


お魚料理(食べ途中)
CA3A0291.JPG

皮までおいしく食べられる焼き加減がステキ。
「コルニションってなんだ?」と思ったら、きゅうりの一種なのね。
知らなかっただけだけど、フランス料理にきゅうりって使われるんだね。


おコメ料理

CA3A0292.JPG
具は何もないけど、前のお魚料理のアラの出汁で炊いてあるので、食べるとしっかりお魚の味。
具がなくてもこんなに味がするものなのね。と思うぐらいしっかりしてます。

で、お好みで二種類の塩をかけて味を変化させます。
CA3A0293.JPG
(見にくいけど)左がモンゴルの塩、右が能生の塩。

特にモンゴルの塩は、かけると一気に温泉玉子っぽくなります。全く違う料理に。おもしろい。


スープ

CA3A0294.JPG
緑のヴィシソワーズ。
お味のほうも、ジャガイモというより、葱の印象が強い。
普段飲むのがジャがのみの味だったので、本当のヴィシソワーズを教わった感じ。



名物・フォワサンド

CA3A0295.JPG
フォアグラを初めて食べました。(披露宴でパテとかを食べたことならあるかもしれないけど)
口に入れると、フォアグラがすっと溶けてなくなっちゃう!
で、口の中に広がるフォアグラのうまみを、ダイコンの歯ごたえと一緒に味わう・・・。
ソースも絶妙、超うまい!さすが名物。



メインのお肉料理

CA3A0296.JPG
牛たんが柔らかくて驚き。
お上品に切ってあったけど、もっとガッツリ食べたいと思うぐらい。



梅のジュレ

CA3A0297.JPG
写真じゃわかりにくいんだけど、バニラビーンズの黒いつぶつぶが。
食べてみるとフレッシュな梅をベースに、濃厚なバニラをしっかりと感じて、意外な組み合わせだけどものすごくおいしい。
バニラアイスとかより、バニラそのものの輪郭をしっかり味わっている感じ。



デザートはお誕生日仕様

CA3A0298.JPG
皆さんにお祝いしてもらって、ろうそくの灯を消しました。こういうディナー久しぶり!
好物の桃がとってもおいしかったです。



宿泊プランの中に、一品ずつワインがつくプランもあったのですが、
そこまで飲むかもわからなかったので、その場でグラスワインを頼みました。
これが、グラスがあいたときに「つぎますか?」と聞かれるだけで、その料理に合うグラスワインをセレクトしてくれるというお気楽ぶり。
ワインは好きだけど詳しくないので、こうやって出してくれるとうれしい。
ワイン好きが6人集まれば、ボトルを6本空ける「とことんワインプラン」もあるみたいです。
そこまで集まれば、ワインをとことん楽しむのも面白そう。



メインの前に「お腹の調子は大丈夫ですか?」と聞かれた時は余裕だったのに、
デザート食べてコーヒー飲んだらお腹パンパン。



という状態になり、即寝てしまいました。
ああ、予定では、食後酒でも飲みながらまったりする予定だったのに。


次の日の朝ごはん。前の日に満腹過ぎて倒れたけど、しっかり完食。

パンもおいしい。オレンジの蜜だというはちみつは、おいしすぎて奪い合いになった。
CA3A0299.JPG

野菜の味がしっかりするサラダ。一言でいえば「青い」
今は「素材の味がしておいしい」と思えるけど、たぶん子どもの頃は強烈で食べられなかったと思う。
それぐらいしっかり。
CA3A0300.JPG

特においしかったのが自家製ハム。
脂がとろける、肉の味がしっかりする。
CA3A0301.JPG


朝ごはんを食べた後、部屋に帰ってゆっくりして、チェックアウト。
オーナーに教えてもらった「駒子の湯」で温泉につかった後、へギそばを食べて、ポンシュ館で日本酒飲んで帰ってきました。


「今度は季節を変えてどうぞ」と言われたとおり、
素材の味がしっかりなので、季節を変えるとまた違う味なんだろうな。
冬の時期とかもよさそうだな。
スキーで腹ペコにしてからいただくとか。
ワイン好きをあと5人集めて、ワインメインでいくとか。


誰か、新潟までワイン飲みに行こうという人達はいませんか〜。
posted by ひんべえ at 19:40| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。