2010年12月24日

年末のご挨拶

明日からバリに行きます。
年越しもバリです。

あるスタジアムからの脱出」には失敗したけど、
華麗に日本から脱出しちゃいますよ!
メリーだっしゅほーい!


ということで、明日からしばらく音信不通になります。

皆様、今年一年大変お世話になりました。
さっき、ログブックを印刷したり整理したりしながら見直してみたのですが、
今年はあんまり潜らなかったような気がします。
シミラン、レンベ、小笠原、八丈島、あとバリ。
・・・いや、例年より少ないし、沖縄いってないし、御蔵島も回数減ったし、伊豆に行った回数とかもっと少ないし。

今年太ったのは、水着になる回数が減ったのが影響大きいと思う。
さらに言えば、スポーツもやめてしまって体を動かさなくなってしまったので、
来年は、スポーツに力を入れる年にしたいと思います。
最近の脱出ゲームは、どんどん体力が必要な方向に進化していっているしね。
そして目指せダイエット!
まずはバリで実践だ!


少し早いですが、皆様よいお年を (* ̄▽ ̄)ノ~~
posted by ひんべえ at 23:56| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

書きたくて書けなかった、書けば書ける3つ

最近ブログを書かなくなったのは、季節外れの「ドラクエ9熱」にかかったからです。
一回「マルチプレイ」をしたいのですが、仲間がいないという寂しさ。
原因は、「周りの大人はもうドラクエなんて遊んでないよ」ではなく、季節外れだからだと思います。きっと。


で、珍しくブログを書く気になったら、すごい勢いでいろんなネタを放置していたことを思い出したので、
まとめてプレイバック。


1 No Man's Land
まだ手元にあったパンフレットを見たら、開催期間は2009年11月26日からだった。
一年前じゃないですか(私が行ったのは1月22日)。

取り壊すフランス大使館の建物を、「どうせだったら好き放題しちゃおうぜ」ってことで、
みんなが寄ってたかって仕立て上げた不思議空間に無料で入れるステキイベントでした。

無料なのにウェルカムドリンクあったし。
CA3A0199.jpg

壁を塗るなんて序の口。
CA3A0203.jpg

これでもかと壊している人もいました。
CA3A0212.jpg

だいたいこういうテイストが多かった記憶がある。
CA3A0211.jpg

木は切られないと思うんだけど・・・巻き添えを食らって縛られる。かわいそうに。
CA3A0214.jpg

もはや詳しいことは忘れたけど、歴史的に貴重な建物に入れたという感覚はなかったですね。
やっぱり、「壊せちゃうぜ!へへーん」とはしゃぐお祭り騒ぎ。
観客がとてもおおくてにぎやかだったせいでしょう。

アーティストがその場にいれば、話が聞けました。
CA3A0208.jpg
この人の「ゴゴゴ」を見て、「ジョジョですか?」と聞いたら、
「皆さんにそう言われるけど、違うんです」とのこと。
でも、そんなにみんなに「ジョジョ」って言われたら、やっぱりジョジョでいいよ。きっと。

もう一年ぐらいたったので、旧フランス大使館は壊されて、新しい建物が建っているのでしょうか。
それとも建築途中で、リアルNo Man's Landになっているのかな。
無人の光景を見たかったな、という感じはしました。
廃墟とも違う迫力があったんじゃないだろうか。


2 “これも自分と認めざるをえない”展
面白かった。
でも、ネタバレ禁止のディレクションだったので、書くのを自粛しているうちに「ドラクエ9熱」にかかった。

「属性」がテーマです。
私は、「属性」とは、液体のような自我が、何かと触れるときにできる接面なのだと思いました。
何かというのは、世間でもいいし、相対する人間でもいいし、内なる自分でもいいのですが、
その何かとの関係性によって流動的に変わっていく、その時のその何かのために作られた自我の一側面。
このディレクションは、切り口によっていろいろな表情を見せる自分の「属性」を改めて見直そうぜ、ということだった、はず。

まず入り口、最初に見るのが「指紋の池」です。
いろんな人の指紋の画像が泳ぎまわる池(要は画面なのだけど)があって、
最初に画面に触れると、自分の指紋が新しく画面に生まれて、自分から離れてみんなと泳ぎまわります。
で、次に触れると、自分の指紋が群れから離れて自分の元に帰ってきます。

実際やってみると、ヨタヨタと泳ぎ始める自分の指紋に愛着すら覚えるんだけど、
でも、その指紋、本当に自分のものですか?あなたにわかるんですか?と聞かれると・・・。う〜ん。
自分から生まれたと思うんだけど確かめるすべもなく、でも、池の中では自分の指紋として扱われ、自分からひとり歩きしている。
そして私自身が愛着まで感じてしまっている。
なんともいえない「属性」の不確かさがよくわかります。

ちなみに、この次にあったのは「属性のゲート」で、
自動改札機に、今はやりの、年齢や性別が判断できる自動販売機みたいな機械がドッキングされてて、
その機械が「あなたは女だから女ゲート開けます」みたいな判断をするわけです。
自分は自分が思う属性のゲート(女とか)に並ぶんだけど、その通りのゲートが開くとうれしい。違うとがっかり。
で、一喜一憂してゲートを通りぬけたところに、解説文。

「あなたは『ゆるされた』という感覚を持ったでしょう。でも、なにに『ゆるされた』のですか?」

と、ガツンとやられるわけです。
このときの気持ちは、説明すると
「自分が思っている自分の属性と、世間一般と推定される機械の判断に相違がなくてほっとした」
なんだけど。
だけど、「自分の思う通りに判定してくれるかな」と機械を見上げているときの姿、思いが、
祈りに似ていたといわれれば、否定する余地はない。
そして、ゲートの前に指紋を置く配置がうまいなと思いました。

そのほか、鏡をのぞきこんで間違い探しをしていると、
「ああ!よく見たら自分の姿が鏡にない!」(←意外と気がつかないのよ)とか、
いろいろ面白いのがたくさんありましたが、
調整中のものがいくつかあったのと、超混雑していて、待ち切れずに全部体験できなかったことが
残念無念でした。


3 台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき
維新派の、<彼>と旅する20世紀三部作の、第三部だけ。
しかも、犬島の舞台じゃなくて、埼玉公演を見ました。
犬島行ってみたいんだけどね。遠いじゃん。

抽象的なところも多くてよくわからないところも多かったのですが、
そんな私のことも、問答無用でグイグイとテンションを引っ張っていくクライマックスの盛り上がりに感動しました。
あんまり舞台を見たことないけど、わかんないけど見入るのってすごいと思う。
あと、<彼>の意外にスムーズな動きと、
地味でいてふくらはぎが辛そうな踊りもすごかったです。

20世紀、流れるようにアジアの海に進出していく日本人の姿に、
軍艦島をみた感じと同じ感覚を覚えました。
人間の欲望を、形として見せられた時の、畏怖というか恐怖というか。
まだうまく言葉にできないけど、舞台であの感覚が再現するとは。

これは私の勝手な空想だけど、犬島で、
海の風を感じ、精錬所の影を背景にしてこの舞台をみることができたら、どんなによかったか。
逆に、埼玉でやる意味はあまり感じませんでした。
埼玉で上演されなければそもそも見られなかったので、ぜいたくは言えませんが。

個人的には、カーテンコールのアンコール(何度も役者が挨拶に出てくるやつ)がない、あっさりさ加減がとても好きでした。
カーテンコールって、役者が役ではなく役者として舞台の上にいるから、現実に引き戻される感があって苦手なのです。
舞台で上がったテンションは、もっとゆっくり、余韻に浸ってかみしめるように下げていきたい。

posted by ひんべえ at 23:35| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の記憶(美術館のお話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

ニンジン豊作

最初にTwitterを始めたときは、
「業界の片隅にかかわる人間として、そろそろTwitterぐらいかじっておかないとまずいだろう」で始めただけで、
何が面白いんだかまるでさっぱりだけど習うより慣れろと言う状態でした。

1年ぐらい続けてみると、「ミニブログ」というのが私の使い方の実情に合っているような気がします。
(最近見ない表現で、最初見たときは「なんだその苦しい説明」と思ったけど、意外と的確だったのか。)
ブログとして文章をまとめるまでもないネタをその場でのせる。
あまり昔のものは見返さない(見返せない)
そんな使い方でも、自分の「表現欲」はそれなりに満たされるので、
ブログを書く回数がとんと減りました。


ただ、Twitterは調子が悪いことが多くて困るね。
今日も、なんだか調子が悪くて書き込めないのでこちらに。


お仕事中でのこと。
別の担当の人が、慌てふためいて私のところへ。


「サーバからデータをダウンロードしたら、パソコンにニンジンがいっぱい出てきたから助けて!」

・・・

・・・

・・・

?(。-`ω´-)?

サーバにニンジンなんて入っていませんが。


よくわからないのでパソコンの様子を見に行くと、
確かに、タスクバーにニンジンがいっぱい並んでた・・・
あと、メッセンジャーとか、よくわからないアイコンとか、シマンテックの管理画面とか。
シマンテックの画面を見ようと思ったんだけど、数多くのアプリが立ち上がったせいかフリーズして動かず。

明らかにウィルスが疑われる症状です。
しかも、ニンジンがこれみよがしに出してくる愉快犯的ウィルスは、データを破壊することもあるので厄介な感じ。
(黙ってデータだけ持っていくスパイ系もいやな感じだけど)

ウィルス感染であれば、システム担当の許可なしに勝手な対応はできないので、
システム担当に電話して、事情を説明することに。

「パソコンがフリーズしているので詳細が分からないのですが、ニンジンがいっぱい出てます」
「ニンジンでフリーズしているのでウィルスの名前は確認できません」
「アイコンがニンジンなんですね・・・」
「ニンジンだから、普通のアプリじゃないと思うんですよね・・・」

最初に、「ニンジンがいっぱい!」と聞いた時には他に言いようがあるだろうと思ったのですが、
電話をしてみれば自分もニンジン連発でした。
電話切った後、まわりにスゴイ笑われた・・・。


とにかくシステム担当に来てもらい、よく見てもらったところ、
どうやってもウィルスが見つからなかったそうで。
結論として、
「ハードウェア故障によりキーボードが暴走。いろんなアプリを立ち上げてフリーズした」
ということを教えてもらいました。

一番気になるニンジンも調べたところ、タッチパッド用のドライバだったらしく、
ニンジンそのものは最初からインストールされている、正規のプログラムだったようです。

ただ、縁の下の力持ち的なポジションで、人間が直接利用しないから、
ちょっとした操作ミスで間違えて起動するような浅い階層にはなく、人目につかないために、
アイコンも適当にニンジンアイコンが使われていたようです。

しかし、突然ニンジンが大量発生したから、
びっくりして、みんな説明が「ニンジンが出た!」しか言えなくなったんだよな〜。

なんとも人騒がせなニンジンでした。
細部まで手を抜いてはいけないのだよと、ドライバの開発者に訴えたい。
posted by ひんべえ at 00:12| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。