2010年12月02日

ニンジン豊作

最初にTwitterを始めたときは、
「業界の片隅にかかわる人間として、そろそろTwitterぐらいかじっておかないとまずいだろう」で始めただけで、
何が面白いんだかまるでさっぱりだけど習うより慣れろと言う状態でした。

1年ぐらい続けてみると、「ミニブログ」というのが私の使い方の実情に合っているような気がします。
(最近見ない表現で、最初見たときは「なんだその苦しい説明」と思ったけど、意外と的確だったのか。)
ブログとして文章をまとめるまでもないネタをその場でのせる。
あまり昔のものは見返さない(見返せない)
そんな使い方でも、自分の「表現欲」はそれなりに満たされるので、
ブログを書く回数がとんと減りました。


ただ、Twitterは調子が悪いことが多くて困るね。
今日も、なんだか調子が悪くて書き込めないのでこちらに。


お仕事中でのこと。
別の担当の人が、慌てふためいて私のところへ。


「サーバからデータをダウンロードしたら、パソコンにニンジンがいっぱい出てきたから助けて!」

・・・

・・・

・・・

?(。-`ω´-)?

サーバにニンジンなんて入っていませんが。


よくわからないのでパソコンの様子を見に行くと、
確かに、タスクバーにニンジンがいっぱい並んでた・・・
あと、メッセンジャーとか、よくわからないアイコンとか、シマンテックの管理画面とか。
シマンテックの画面を見ようと思ったんだけど、数多くのアプリが立ち上がったせいかフリーズして動かず。

明らかにウィルスが疑われる症状です。
しかも、ニンジンがこれみよがしに出してくる愉快犯的ウィルスは、データを破壊することもあるので厄介な感じ。
(黙ってデータだけ持っていくスパイ系もいやな感じだけど)

ウィルス感染であれば、システム担当の許可なしに勝手な対応はできないので、
システム担当に電話して、事情を説明することに。

「パソコンがフリーズしているので詳細が分からないのですが、ニンジンがいっぱい出てます」
「ニンジンでフリーズしているのでウィルスの名前は確認できません」
「アイコンがニンジンなんですね・・・」
「ニンジンだから、普通のアプリじゃないと思うんですよね・・・」

最初に、「ニンジンがいっぱい!」と聞いた時には他に言いようがあるだろうと思ったのですが、
電話をしてみれば自分もニンジン連発でした。
電話切った後、まわりにスゴイ笑われた・・・。


とにかくシステム担当に来てもらい、よく見てもらったところ、
どうやってもウィルスが見つからなかったそうで。
結論として、
「ハードウェア故障によりキーボードが暴走。いろんなアプリを立ち上げてフリーズした」
ということを教えてもらいました。

一番気になるニンジンも調べたところ、タッチパッド用のドライバだったらしく、
ニンジンそのものは最初からインストールされている、正規のプログラムだったようです。

ただ、縁の下の力持ち的なポジションで、人間が直接利用しないから、
ちょっとした操作ミスで間違えて起動するような浅い階層にはなく、人目につかないために、
アイコンも適当にニンジンアイコンが使われていたようです。

しかし、突然ニンジンが大量発生したから、
びっくりして、みんな説明が「ニンジンが出た!」しか言えなくなったんだよな〜。

なんとも人騒がせなニンジンでした。
細部まで手を抜いてはいけないのだよと、ドライバの開発者に訴えたい。
posted by ひんべえ at 00:12| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼します。
ニンジンのアイコンでたどり着きました(笑)
その後問題はないのでしょうか?
同じ問題の人から連絡をもらって調べてるのですが、ここに書いてある以上の事が分からなくて・・・
良かったら教えてください。
Posted by みつる at 2012年11月29日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。