2010年01月18日

ディナちゃんガチャピーズと邂逅する

今シーズン初スキーは、白馬の八方尾根スキー場に行ってきました。

八方尾根はくせ者コースが多くて、
ボーゲンの私には若干厳しいところもありましたが、
とても良いお天気に恵まれました。
うちのディナちゃんにも負けない鮮やかな青空です。

CA3A0184.JPG

CA3A0185.JPG

CA3A0189.JPG


先週はたくさん雪が降ったらしく、雪質もいい感じ。
今シーズン投入した新しいウェアも快適。
あとは私の技術が上達すればいうことないんだけどね。

今年気がついたのは、白馬もずいぶんインターナショナルになったなあということ。
英語や中国語などがよく聞こえてきました。
ちょっと前は北海道にすごく多かったけど、
長野はオリンピックの会場になったということで海外にも知名度があるからお客さんが増えたんでしょうか。


途中、ガチャピンの群れを発見。

CA3A0187.JPG
(遠くからワンショット)

ガチャピンのコスプレは毎年一回は見かけますが、
群というのは初めて見ました。
ついでにいうと、ムックのコスプレを見かけないのは一体なぜなのでしょうか。
ムックがんばれ。超がんばれ。

posted by ひんべえ at 22:43| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ディナちゃん北海道初上陸を果たす

現地からも日記を書きましたが、
この間、初めてディナちゃんを北海道に連れて行きました。


今回のスキー場はルスツ。

ルスツのメリーゴーランド
ホテルにはメリーゴーランドも設置されている、リゾートスキー場です。


着いた日は天気が悪くて吹雪いていて、
風が「ビューーーーーー」のたびに
「ヒョーーーーーー!!!(((((-∀-;)」
となるほど寒かったのですが、
ルスツはほとんどのリフトがフード付き、という贅沢なつくりだったので、
なんとか耐えて、ナイターまでスキーできました。

今まで北海道スキーでは天気に恵まれていたので、
「北海道でスキーをするよりも、冬の伊豆のダイビングの方が寒い」
とか思っていましたが、
北海道の本気の冬をなめてました。
冬将軍さん、ごめんなさい。


2日目以降は天候も回復し、晴れた中での快適スキーも楽しめました。

ルスツ

雪質は想像していたよりダメだったけど・・・
今シーズンは北海道も雪が少ないんでしょうか?
結構がっちり固められた雪の上に、薄くパウダースノーが載っている感じでした。

斜面の向きによってはモコモコしているところもあって、
そういうところでは北海道の雪を楽しむことができたので、
ディナちゃんは満足できたのではないかと思います。
私はコースの距離が長いところが好きでした。


帰りには、おみやげに噂のじゃがぽっくるを買うことができました。
大満足。
posted by ひんべえ at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ディナすけ「北海道はでっかいど〜」

CA3A0055-0001-0001.JPGルスツに来てます
さすがにこちらのゲレンデは大きいです

が、猛烈な風が…
北海道をなめてはいけません
posted by ひんべえ at 20:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

ディナすけの主張

近所のスーパーに行ったら、入口のところで、
2匹の白いワンコが手袋を真ん中にして向かい合っているのを発見。

そっくりなワンコがシンメトリーな恰好で向かい合っているのを見て
あまりにかわいいので写真を撮ろうと思ったら、
ご主人が買い物から帰ってきて行っちゃった。
2匹のワンコの間にあった手袋は、ご主人がわざと置いて行ったらしい。
ご主人のにおいがするとワンコが安心するのだろうか?


それを見て思い出したのが、先週のNASPAでのこと。

初級者コースを「谷足、谷足」と唱えながらちんたら滑っていたら、
小学校低学年ぐらいの男の子が直滑降で私を追い抜いて行きました。

ここは他にもたくさんの子供がスキーの練習をしているコース。
直滑降は危ないなあ、と思っていたら、
案の定、合流地点の直前で豪快にこけた。

ま、そのまま激突するよりはいいか・・・。

上からちょっと様子を見ていたけど、
スキーが脱げて上に残っちゃうほど豪快にこけたのに、
親がやってくる気配がない。
本人は片方のスキーを履いたまま上に上がろうとするし。
それはかわいそうなので、スキーを拾って、履くのを手伝ってあげる。
私自身がそういう補助に慣れてないので手こずったけど、
スキーが履けると、また男の子は元気に滑って行ってしまった。


・・・で、親は(ーー;)?
なんで一切姿を現さないの?



直滑降で滑る子に危ないと注意するとか、
転んだら声をかけてあげるとか、
まだまだあの子は親と一緒に滑るべきだと思うのです。

スキー場で衝突事故に巻き込まれたら子供だけじゃ対処できないし、
元気そうな男の子とはいえ、転んだ時には親が近くにいてくれないと心細いんじゃないかなあ。
まだスキーの制御ができない子供を一人にしてはいけないよ。
普段温厚なディナすけもちょっと主張したい。

と、人通りが多いスーパーで待たされるワンコを想い、
せめて安心できればと自分の手袋を置いて行った飼い主さんを見て、
照れくさそうに「ありがとう」といったあの男の子を思い出したのでした。
ちなみに、その後気をつけていても迷子の放送はかからなかったので、
彼は迷子、というわけではなかったようです。
プチ迷子ではぐれていたのかもしれませんが・・・


そして、ディナすけと一緒に一日滑った私は、
なぜかウエストまわりの背筋の筋肉痛に悩まされました。
今までどんなにボーゲンで滑っても筋肉痛にならなかったのに、
なぜ・・・しかもなぜ背筋なんだ・・・?
posted by ひんべえ at 23:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ディナちゃん着ぐるみ魂を垣間見る

来月に予定されている、ディナちゃん北海道デビューに備え、
ふと思い立ったので一人で影練に行ってきました。
場所は車がない私にとっての近場、ガーラ湯沢です。


が、
営業中止のお知らせ
(〇∇〇)ガァァァン!!
なんとガーラは強風のため営業中止。

この時点でかなりテンションが下がる。
朝の天気予報見てこなかったけど、営業中止ってことは他のスキー場も寒いのかなあ・・・。
吹雪の中の影練は凹むわ・・・。

ガーラが営業休止のとき、提携スキー場に振り替えることができるのですが、
そのためには一度ガーラに行かなくてはいけません。
嘆いていてもしょうがないので、とりあえず新幹線に乗ってガーラへ向かいます。


ガーラ駅付近
着いてみたら穏やかないいお天気。
これなら、「やっぱり営業開始します」ってならないかしら?と期待するも、
やっぱり中止。
世の中そんなに甘くなかった。
振替面倒だなあ。
他のスキー場と言われてもよく分んないし。


ガーラの提携スキー場は、
湯沢高原スキー場、石打丸山スキー場、NASPAスキーガーデン、パインリッジリゾート神立、セントレジャー舞子、湯沢パークスキー場、加山キャプテンコースト、上越国際スキー場

の8つ。

ちなみに、今回は8つとも振替できましたが、
日によっては場所が限定されるときもあるそうです。
予約のお客さんの数とかも関係するんでしょうね。

手続きは、とりあえず通常と同じようにインフォメーションカウンターでリフト券を引き換え、
ガーラのロッカーを使って滑れる体制にまで着替えます。
あとは、行きたいスキー場に向かう無料シャトルバスに乗って、
行った先のスキー場でガーラのリフト券を見せ、そのスキー場のリフト券と交換してもらう、という流れになります。

帰りもシャトルバスに乗らなければいけないことを考えると、
あまり遠くのスキー場に行くのは面倒。
普段だったらコースが沢山あるスキー場が好きだけど、
今日は練習しに来たわけだから、コースは少なくても、
空いていてガッツリ滑れるところがいいなあ・・・
せっかくだから行ったことがないスキー場にしようかな・・・
などなど、いろいろ考え、NASPAスキーガーデンに行くことにしました。
ガーラから近いけど、スキー専用ゲレンデだから空いているはず。


良く晴れたNASPAスキーガーデン
NASPAスキーガーデンもいいお天気でした。
ずっと一日風もなく、穏やかなスキー日和。
ホントにガーラは強風だったのでしょうか。
山の天気はわかりませんなあ・・・。


思いのほか天気がよかったのと、
読み通り、休日なのにそれほど混まず、ほとんどリフトの順番待ちがないことに気を良くし、
はじっこの方のゆる〜いコースで
「谷足に重心」「怖いからって後形姿勢にならない」を唱えながらひたすらまわしていく。

決して私のペースは速くないんだけど、
リフトでも待ち時間がないので、いつもより疲れが速い。
朝一から滑り始め、お昼前にお腹が空いてしまったので、一回目の休憩。
肉まんを食べながら、なんとなくゲレンデを見ていると・・・。


なんか、黒くて大きな物が動いてる。
キッズエリアにいるあれは・・・?


ピングーの着ぐるみがスキーしてる Σ( ̄□ ̄;)!!
すごい!!
いくら着ぐるみがブームとはいえ、
あれって転んだらあきらめるしかないんじゃないだろうか。
それで子供のところに行くなんて、根性あるなあ。

着ぐるみと聞いたら黙っていられない私。
慌てて肉まんを食べ、さっそくピングーのもとに向かいます。

・・・が、残念ながら「ピングータイム」はあまり長くないらしく、
私が駆け付けた時にはピングーは役目を終えて帰る所でした orz

楽屋に引っ込むピングーさん
(スタッフルームに消えるピングー)
ピングーアップ

残念。
考えてみたら着ぐるみじゃ10分が限界だよね ( ̄− ̄;)


諦めきれない私は、またピングーが出てくることを期待し、
キッズエリアの近くのリフトへベースを移動。
そのまま3時半まで粘って滑っていたのですが、
ピングーは1日1回しか出てこないのか、それ以降姿を見せることはありませんでした・・・。
ただ、10分ぐらいで退場してしまうことを考えると、
2回目のピングーにもタイミングが合わなかっただけかもしれません。
でも、ちょっとだけだけど、着ぐるみピングーが見れたので、
ゲレンデ振替えは結果オーライというところでしょうか。


え?
練習の成果?

・・・

・・・

大丈夫。
北海道に行けばうまくなれるさ、きっと。
と、ディナすけさんが言ってます。
posted by ひんべえ at 21:26| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ディナちゃん予想を外してちょっとがっかり

年末は今シーズン2回目のスキーに行ってきました。

前の日に
テニス打ち納め→恒例の鳥造忘年会で飲みすぎ
という流れだったので、はたして無事に滑れるのだろうか?と思ってたけど、
天気にも恵まれ、楽しいスキーでした。


予想外だったのが、11月にスキーに行ったら雪がそれなりにあったので、
「今年は雪に恵まれるに違いない」と期待したのに、
その後あまり雪が降らなかったこと。
雪の量が少なくて、リフトが動いてなかったり、土が露出していたり。
何度か、土のところに突っ込んでしまって
「ギャーヾ(T▽T)ツ」という事態が発生。
ディナっちごめん。


初日は菅平。

2008年12月菅平

出かける前日に雪が降ったので、量は少なかったけど雪質はそれなり。

裏ダボスのリフトを登った先のところで、ワンコがうれしそうに雪原を走り回っていたのが謎でした。
ワンコが走っていた雪原
ここで。(遠かったのでワンコの写真は撮れず。)
この辺に建物は見当たらなかったんだけど、
どうやってここまで来たんだろう?
リフトに乗ってきたのかな?


年末ということで、ちびっこのスキー教室の人が多くて、リフトが激混み。
人気ですね。菅平。
あんまり待ち時間が長いので、この日は早めに切り上げ。
志賀方向に移動し、湯田中温泉の宿で温泉を満喫しました。


2日目、3日目は志賀高原。
2日目、3日目も天気に恵まれました。
特に2日目は雲ひとつない快晴。

2008年12月志賀

強い風に吹かれることもなく、
汗をびっしょりかくほどに暖かいスキーでした。

2日目は東館山・高天ヶ原・一の瀬エリアのゲレンデを一通り滑った後、
焼額山・奥志賀高原へ移動。
広いスキー場を堪能しようと、一本滑ったらとりあえず移動してました。
これだけ広いゲレンデだと飽きなくていいね。

展望台からの景色。見えるゲレンデはたぶん全部滑った。
志賀高原展望台からの眺め

奥志賀高原の雪が一番よかったので調子に乗って滑っていたら、
リフトの営業時間が終わってしまったために、
来た道を戻って宿まで戻ることが不可能に・・・
シャトルバスを使って戻りましたが、バスは混雑して大変です。

この日の宿は、いかにもスキー宿、という感じ。
ここにもちびっこがスキー合宿?で沢山泊まりに来てました。
なんか、合唱とかしていてとても賑やかでした。


3日目も東館山・高天ヶ原・一の瀬エリアで滑り、
時間が遅くなると帰りの道路が混みそうだったので、
早めに切り上げて渋滞発生前に志賀高原を脱出しました。

なので、今回はワンコがいる雲の上のパン屋さん(@横手山)には行けませんでした。
ちょっと残念。

帰りは子安温泉に立ち寄りました。
黄色くて鉄のにおいが強いお湯でした。
シャワーとか洗い場とかがない小さな施設で、
地元のおばあちゃんとお話しました。
いかにも「秘湯」という感じ。
でも意外と地元じゃない人も車で乗り付けていたので、
人気の温泉だったのかな?


====


まだ年内の話を書ききってはいないのですが(; ̄ー ̄A
年内の日記はこれで書きおさめです。
日記を読んでいただいた皆様、一緒に遊んでいただいた皆様、
今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお付き合いいただけますと幸いです。
posted by ひんべえ at 22:47| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

ディナちゃん初めての雪待月

〜ラパスクルーズ生活の途中ですが、
ここで2009シーズンスキー情報をお送りします〜



土曜日に2009シーズンの初スキーに行ってきました O(≧∇≦)O

前日に飲んでたら、飲み屋の店員さんに
「この時期ならかぐら・みつまたがお勧めです。ほぼ全面滑走可能です。」
と教えてもらったのですが、
「ゆえにこの時期は激混み」との情報もあったので、
日帰りだし、湯の丸スキー場に行ってきました。

湯の丸スキー場

お天気良かったです。
前日に雪が降ったみたいで、雪質も思ったより良かったです。

11月にスキーをするのは初めてだったので、
どんなものかと心配だったのですが・・・。
ちなみに、午後からは風が吹いて曇ってきたので、
ばっちりと冬のように寒かったです。

最初はリフトが1本しか動いてなくて結構並んだけど、
途中から2本動いてコースは2面滑走可能でした。


この時期だからか、練習モードの人が多かったですね。
片足だけで滑ったり、手を頭に置いて滑っていたり・・・
いろんな練習方法があるんだなと思いました。

ウェアは鮮やかな色の人が増えました。
昨シーズンはあんまり見なかった、蛍光緑の人が多かったような気がする。
今シーズンの流行りなんでしょうか。


私も「今年こそ脱ボーゲン!」と張り切ってリフトの最終営業まで頑張って滑ってました。
今シーズンもディナちゃんと楽しく滑れるといいな。
雪がたくさん降りますように。
posted by ひんべえ at 23:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

ディナちゃん雪山で春の追撃にあう

雪に恵まれた今シーズン。
ところが年始早々に風邪で倒れてしまったため、1月はスキーに行けず、
なぜか3月に3週連続スキーに出かけることになりました。

出かけたのは1週目から3週目まで。
一週間の違いとはいえそこは3月、
出かけるごとにどんどん気温が上がり、確実に春が迫ってきていましたよ。
ディナっちのデビューシーズンも終わりだなあ・・・。


<第一週目・越後湯沢方面>

テニスな皆様たちと一緒に。

初日の場所は岩原スキー場。季節は完璧に冬。
吹雪の中の低速リフトは若干きついものがありましたが・・・。

その分、雪はよかったよ!
特にナイターの滑り始めは最高でした。
岩原スキー場ナイター

ひゃっほう!と上機嫌に滑り、
「そんなに軽やかなボーゲンは見たことがない」とのお褒めの言葉をいただく (; ̄ー ̄A
夜も温泉に大貧民と、充実でした。


2日目の場所はパインリッジリゾート神立。
この日はいい天気。

パインリッジリゾート神立

パインリッジリゾート神立

最初から単独行動で休まず滑り続ける。
リフトに乗ってちょっと休んでいると、隣に座ったおじいさんに
「一人で来ているの?」とナンパ(?)され、
「ボーゲンから脱出するために一人で頑張っているッス(`・ω・´)」
と答えたら、なぜか
「じゃあ、私が教えてあげよう」
という展開になる。
なぜだ・・・。ま、いいけど・・・。

親切なおじいさんに
「とにかく谷足。あと、重心を後ろから前に移動するイメージで」
と教えられ、このあとはひたすら練習。


<第二週目・蓼科方面>

家族とか友達とかいろいろ、たぶん傍から見たら不思議な皆様と一緒に。

気温と雪質のバランスが、春スキーとして一番快適だったかな。
白樺湖が全面凍っていたのはすごかった。

初日はエコーバレー。2日目は2in1でした。
2日とも晴天。

2in1

エコーバレーはアルペンボードで飛ばしている人が多くて、
見ている分にはかっこよかったけどちょっと怖かったね。

小学生のちびっこ(♂)2人組と一緒に滑ったのですが、
やっぱちびっこはすごいね。
負けず嫌いだし、コブにも果敢に挑むし。

エコーバレー・ちびっこの後ろ姿

そのアグレッシブな滑りっぷりに、知らない人が、
「あの子すごいな」と言っていたのを私は聞き逃さなかったよ。

ちびっこ2人がお兄さんにスキーを教えてもらう後ろで、
ちゃっかり私もスキーを習う。
勝負をする前から敗北は分かっていたのですが、やはり2日間の成長には歴然とした差がつきました。
どうしても重心が後ろになっちゃうんだよね〜。

夜はちびっこを交え、おかしパーティーでした(笑)


<第三週目・妙高方面>

毎年北海道に遠征する、いつもの硬派なスキーヤーの皆様と一緒に。
私は今シーズンの北海道遠征に参加できず・・・残念・・・。

それにしてもこの人たちはおかしい。
オフシーズンに板を2枚とか買ってる。
スキーの試乗会に行こうかとか言っている。
カナダに遠征しようとか・・・まあ、それはボーゲン脱出してからだな・・・。

1日目は杉ノ原スキー場。
縦に長いスキー場で、好みのスキー場ではあるんだけど、
とにかく視界が悪い!!!

見えない・・・@杉ノ原

先が全く見えず、珍しくスキーの間にテンションが下がる。
練習しようにも、突然前に人が現れるから怖くって・・・。
途中で切り上げちゃってもいいかなあ、なんて内心思っていたんだけど。

休憩している途中で、雲が上から下に降りてきた。
休憩後にゴンドラで一番上まで上がってみると・・・

雲海

なんと、眼下に広がる雲海。絶景ですよ。
まさに雲の上の世界です。大興奮。
スキーってより景色を楽しんで降りていくと・・・

雲に突入

モクモクゾーンが現れます。
この中に入るとまた一寸先は闇、状態。
雲に突入する感じはちょっとおもしろい。

このモクモクゾーン、森の中はちょっとピンク色だったような気がします。
とてもやわらかな色でした。
あと、雲海に太陽の道が見えていた時もありました。
ゴーグルをつけていたからかな。気のせいかな・・・。

でも、本当に途中でやめなくてよかった。
全力で遊んでいれば、自然が応えてくれることもあるのですよ。

このときの宿は、ちょっと奮発して温泉宿に。
食事おいしかった。温泉よかった。
あと、浴衣を選ばせてくれました。
ずいぶん前に浴衣の着方って習っただけだけど、一応おはしょり作れました。よかった。(;´▽`A`` 時間かかったけどね。

温泉のクマ
温泉のクマさん。

2日目は赤沢温泉スキー場へ。
こちらは横に長いスキー場。
がんばって上級者コース以外は制覇。
上級者コースは・・・もう雪もシャーベットだったので、チャレンジする気になれず。
それでもかなり広いスキー場で、たぶん今シーズン最後になるであろうスキーを満喫しました。


今シーズンも結局上手くはならなかったけど、
でも、あと一回ぐらいはディナちゃん連れて行きたかったな〜。
そして来シーズンこそは北海道上陸だ!!!
posted by ひんべえ at 23:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ディナちゃんGALAでヒトリストデビュー

なんていうか、
まったくもって日記が追い付かないのですが、
2月の連休に、GALAに行ってきました。


今シーズンは雪が多いのにもかかわらず、
スキーにベストな1月を風邪で棒に振るという失態を犯したので、
かわいいディナちゃんの活躍が、12月の1回だけという体たらく。
しかも、当初予定していた連休でのスキー旅行企画が流れ、
ますます雪山が遠のく・・・。

こんなことではいけない!
ディナちゃんは雪山でしか生きていけない子なのに!

ということで一念発起して、
初めてひとりでスキー場に行ってきました。
車がないので、電車でいけるところ。
一人で行くので、せっかくだからスクールで教えてもらいますか。
以上のことから、スキー場はGALAをセレクト。

はたして無事に行けるのだろうかと心配して、
荷物をできるだけ減らしたりとか、いろいろ考えたけど、
荷物抱えてダイビングに行くよりはずっと楽でした。
GALAだと新幹線ですぐだから、早いしね。
想像していたよりもずっと楽。
これはイイ!


しかも、快晴に恵まれました。
前日まで雪が降っていて、当日には快晴という最強パターン。
天気も良かったけど、雪もよかったよ。

ガーラ快晴

青空のもとでは、ディナちゃんの輝きも違います。
青空の雪山では、青が深まって、ボニンブルーになるのです。
さすがディナっち。

8時の朝一にゲレンデに出て、軽く足慣らしをした後、スクールへ。
連休中とはいえ、参加者の多さにビビる。
GALAのスクールは評判がいいらしいのですが・・・。

「ボーゲンから足をそろえたい。」と申し込んだら中級クラスに入りました。
2時間のスクールでは、谷側の足に体重をかけることを中心に習ったのですが、
頭ではわかっても、なかなか体が動かず。
さすが無駄に完成されたボーゲン。
その完成度の高さゆえに、矯正が困難です。

スクールでは、順番待ちもあってあんまり滑れなかったので、
スクールが終わった後は上級者以外の全部のコースをガシガシ滑る。
スクールの復習は・・・あとですればいいかな (; ̄ー ̄川
難しいことを考えずに、いつものボーゲンで楽しんでました。

帰りの切符が自由席だったので、休憩を取らずに午後2時頃まで滑り続けて、
早めの新幹線で帰ってきたら、自由席でも座れました。
家に着いたのは6時前。
早いな。
(朝も早かったんだけど。)
これなら、一日たっぷり遊んで、次の日も楽。

ディナちゃんのヒトリストデビュー、なかなか楽しかったです。
posted by ひんべえ at 22:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ディナちゃんリフトで演歌に和む

いよいよ、愛しのディナちゃんのデビュー戦のときがやってきました

板全身
(昨シーズンオフに買ったおニュー板)

その場所は湯の丸スキー場です O(≧∇≦)O イエイ!!

湯の丸スキー場

天気もいいぞ!
(ちょうどいい曇り具合に、風なし・雪なし・ガスなし。)
雪もいいぞ!
(雪が鳴ってた。ちょっとブッシュも出てたけどね)

これはディナちゃんへの祝福に違いない、ってぐらいに、
この時期にしては恵まれたコンディションでした。

スキー場も空いていたから、滑っていても気持ち良かったしね。


これが今シーズン初めて、滑り初めだったので、
感覚を思い出しつつ、ディナちゃんのご機嫌をうかがいつつ、
ゆるめの斜面をゆっくりと滑るのが今回のスキーです。
なかなか良い足慣らしになりました。

しかもね。
ディナちゃんってば、結構乗りやすいんですよ。
初めてとは思えない。滑りやすい。

去年レンタルしたスキー板には、
「俺はボーゲンのために生まれてきたんじゃないぜ!(`Д´) ムキー!」
って言わんばかりの反抗された子が多かったので、
よけいに感動してしまいました。

さすが女の子向けのディナちゃん。
優しい子なんですね。


ところでこのスキー場、
空いているし家族連れも多めでのんびりムードだったんですが、
なぜかリフトでかかっていた音楽が演歌ばかりでした・・・
なぜだ・・・
はじめて聞いたよ。リフトで演歌。
posted by ひんべえ at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

青い彗星を目指して

12時間も滑るほどスキーが好きなら、いい加減に自分の板を買ったら?」
といろんな人に言われ続け、
さらに、「今年は暖冬でスキー用品の売れ行きが悪く、今オフは安くていい物が買えるんじゃないか。」
なんていうナイスアドバイスまでいただいたので、
どうにか工面した予算3万円(安!)を握りしめて、
スキー3点セット(板、ビンディング、ポール)を探しに行ってきました。

そして、ちゃんと予算以内で買ってきましたよ。(〃▽〃)

板全身

dynastarのEXCLUSIVE 8。
予算が予算なので、数シーズン前のモデルです。

最後の一つでした。
そういえば、去年のオフに買ったブーツも最後の一つだったな。

実は、板を購入した時にはすぐに持ち帰れず、
ビンディングの取り付けをお願いして後日改めて板を引き取りに行ったのですが、
そのわずか数日間の間に事情が激変して、
来シーズンの遠征の見込みが立たなくなったので、
引き取りに行くときにはテンションが下がりまくり↓↓↓↓でした。

でもでも、実際に自分のものになってみると、かわいいね。(〃▽〃)

板のアップ。かわいいでしょ?
板アップ


個人的には、いかにもスキー板っぽい、
 ブランド名バーン。原色でパキーン
みたいなデザインはあまり好きではなかったので、
ちょっとボードっぽいこのデザインが気に入りました。
板の性能とかよくわかんないし、値段とデザインでしか選んでないんだけどね (^-^;
これは女性用の板なので、扱いやすいみたいですよ。
やっぱり女性用の板は、かわいいデザインが多いみたい。

ビンディングにもそろいのお花 (〃▽〃)

ビンディングアップ

板がかわいいので、
この子のために来シーズンは無理矢理にでもスキーに行こう、
なんだったら一人でスクールにでも入って脱ボーゲンを目指そうと、
決意を新たにしました。テンションあがった↑↑↑↑
スキーに限らず、私はあんまり道具に興味を持たない人なんだけど、
やっぱり自分の道具はかわいいです。

青い彗星
マダ トルノ?

一人でうきゃうきゃと騒いで、もう30枚ぐらい写真撮った。
かわいいなあ (〃▽〃)
posted by ひんべえ at 00:06| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

斑尾で馬脚を露わす

本日の帰宅後に起きた出来事。

寒い中仕事から帰ってきまして、
まずは雨戸を閉めて、夕飯の準備をしている途中、部屋から

ブーーン

という不審な音が。
?と疑問に思って見てみると、

なんとそこには、部屋の中で飛び回るでっかいハチが !Σ( ̄ロ ̄lll)

今年もハチとのバトルが幕を開けた!!!
やっぱりうちはハチ界のベッドタウンなのか!?
ってか、まだ冬だよ!!!

さまざまな思いが脳裏に浮かぶものの、
とりあえず、大人なんだから一人で目の前の現実をどうにかしないといけない。
押入から殺虫スプレーを取り出して、先制攻撃!

攻撃を受けてさらに興奮して飛び回るハチ。
怖くなっていったん退却する私。
殺虫スプレーを浴びて少し弱ったハチは、フラフラと開けっ放しだった押入の中へ。

反射的に押入をしめた。

・・・
・・・

・・・
で、今、日記書いてる。(現実逃避)

なんか、しばらくは「ブーン」って音がしてたけど、
今は不気味な沈黙を守る押入。(寝たのか?)
そんな押入に背を向けることができず、
手元に殺虫剤をおきながらネットの世界へ逃避中。

ぜんぜん問題解決になってないけど、
怖くてあけられないよう (*TдT*)

ハチって一晩押入に閉じこめておいたら、
反省しておとなしくなったりしないんだろうか。
中で巣とか作られちゃったらどーしましょ。

でも、怖いからやっぱムリ!(*TдT*)

・・・
明日考えよう。
今日は日記書きます。(ダメ大人)


−−−−−−−

この間、斑尾高原にスキーにいってきました。
今シーズン、初めての本州スキー。

過去2回は北海道のパウダースノーで、
いやっほう(≧∇≦)
・・・と、何も考えずにバリバリ滑っていただけだったので、
本州の雪にいきなりつまずく。
自分のイメージに体がぜんぜんついていかない(泣)

いやあ、北海道の雪って、ホントに自分がうまくなったと錯覚させてくれるのね。
今年の私はすっかり騙されてました。

斑尾高原って、普段なら雪が多いところらしいのですが、
この日はとても天気が良く、ゲレンデにも草やら土やら・・・
私は一回、露出した緑のシートに引っかかって転びました。
なんだかすっかり春スキーの趣です。
雪の感じはお察しください。

晴れた斑尾

夕日に染まる野尻湖
(写真じゃわからないけど、野尻湖が夕日に染まってキレイだった)


個人的に楽しめたのは、
リフトに乗っているときに、ウサギなどの小動物の足跡をいっぱい見たこと。
スキーを始めたときから、あの足跡を見るのがとても好きなのです。
雪のなかに生きる一生懸命な姿が想像されて好き。
なんだか、活発に動き回っているような足跡がたくさんありました。
やっぱり暖冬?

しかしさすがに、そんな雪の状態では伝説を作るほどテンションがあがらなかったのと、
お酒好きなメンバーが集まったので、
スキーはそれなりのところで切り上げて、夜はカラオケと飲み会。
しょうもない恋バナなどで盛り上がっていたら、
夜遅い・・・っていうか、むしろ朝早い(笑)時間まで飲んでしまった (^-^;

ちゃんと次の日も滑ったけどね。
雪のおかげで自分の実力がよくわかったので、緩斜面で真面目に練習してみた。
脱ボーゲンを夢見て。

でも、全然うまくならなかった orz
やっぱり、来シーズンも北海道に行こう。
そして
いやっほう(≧∇≦)
ってボーゲンで滑って、上達したと錯覚しよう。
努力してダメだったら金で解決ですよ。
大人ですもの。
(ダメ大人だけど)
posted by ひんべえ at 22:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ニセコ12時間伝説(ただしボーゲン)

今日は、雨の降る中のテニス教室でした。
なのですが、
冬の冷たい雨という感じではなく、
雨が降る直前、ふわりとやわらかい雨の香りに、
春の気配を感じました。
まだ2月の初旬なのにね。
暖冬ですね。


そんな暖冬の中、雪を求めてニセコへ行ってきました。

到着した日は結構暖かく、天気も良かったです。
北海道も暖冬です。

晴れたニセコ

ただ、
雪質が・・・新潟っぽい・・・。
こんなのニセコじゃない・・・。

4時起きして飛行機に乗ったので、ゲレンデに立てたのは午後2時頃。
それなのに、リフト券は5時間券にするか8時間券にするかで真剣に話し合う我々。
そんなスキー仲間が大好きです。(笑)

あまり雪が良くなかったので結局5時間滑りました。
オーストラリアからのお客さんが多かったのですが、
あの雪質だと、ちょっとがっかりしたんじゃないかな。

その次の日。朝の9時からゲレンデに繰り出します。
天気は下り坂で、午後からは雪が降り出しましたが、
それに比例して良くなっていく雪質。
だんだんニセコらしい雪になってきました。

ナイター営業が始まる前のおやつ休憩でのこと。
「夜の9時まで滑ったら、12時間滑ることになるね〜。伝説だよ。」


ニセコ12時間伝説


・・・
バカっぽくてかっちょいい! (・∀・)

冗談で話しているうちに、
だんだん「ニセコ12時間伝説」という響きが気に入ったのと、
どんどん良くなっていく雪にテンションが高くなって、
夕飯の後に一人でもう一回出撃しました。

リフトの営業が終了するまで、がっつり滑ってきましたよ。

ニセコ12時間伝説
ニセコ12時間伝説達成記念写真。

夜の間にさらに雪が降り続いたので、
最後の日にはニセコらしいパウダースノーで滑ることができました。
さすがニセコ。
一日雪が降れば、あっというまにパウダースノーです。
キュッキュッと、片栗粉のような感触がヨイです。

たっぷり滑ったので、ヒラフ、花園、東山、アンヌプリを全部制覇。
満足です。
アンヌプリのゆるめの斜面が好きでした。

そんだけ滑っても、ボーゲンの両足の距離は一ミクロンも縮まらないんだけどね。
ニセコ12時間伝説で驚くべきトコロは、
こんな私の運動神経の切れっぷりデス。
ビバボーゲン。
posted by ひんべえ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

2007年初滑り@トマム

スキー場の雪不足が話題になっていた今シーズン。
初滑りは北海道のトマムまで遠征してきました♪

いつまでたってもボーゲンから進化できない私でも、
北海道のパウダースノーなら快適に滑れるに違いない。


今シーズンの雪不足は北海道でも例外ではなかったらしく、
我々が出発する前はトマムも雪不足に悩んでいたようでしたが、
出発前になって爆弾低気圧が襲来。
フライトは大丈夫なんだろうかと心配しながらの出発になりました。

そしたら、飛行機は大丈夫だったんだけど、
前日の夜に新千歳→トマムのJR線で貨物列車の脱線事故が発生し、
JRのダイヤが大幅に乱れに乱れ・・・
本来の予定なら、早朝のフライトに乗って午後イチにはゲレンデに♪
というはずだったのが、
混乱の中の満員電車に大荷物で揺られながら、
トマムにたどり着いたのは午後5時過ぎ・・・

もちろん、大あわてでナイターに出撃しましたよ。
7時までの営業だったので、1時間ぐらいしか滑れなかったけど、
降りたての雪はサイコーでした。

リゾートの人に聞いたら、
爆弾低気圧によって、雪不足から一気に平年並みの積雪になったらしく、
あまりに急な降雪に、コース整備が間に合わないほどだったらしい。
出発前日は、低気圧の影響でゲレンデが全面クローズになり、
なおかつ、大雪の影響で停電にもなって大変だったらしい。

ということは、
出発日に電車で大変な目にあったとはいえ、
まだ我々は運がいい方だったのでは?
なんてことをいってその日の疲れを慰めながら、
大浴場へ向かっていたその途中。

なんと、再びトマムのリゾート全体が停電。

一気に真っ暗になるトマムリゾート。
トマムご自慢のスパハウスも真っ暗。

危ないところでした。
あと10分停電が遅かったら、
私は入浴中の泡まみれのところで停電に遭遇していたでしょう。

停電もすぐに復旧するのかと思ってしばらく待っていたのですが、
一向に復旧の見込みが立たないので、
やむを得ず、部屋のユニットバスを利用し、
トラブル続きの一日を終えたのでした。


そしてその次の日・・・

なんと、朝起きてもいまだ停電から復旧せず。
停電とはいっても、ホテル内は自家発電により、普段と変わらず過ごすことができます。(スパはダメ)

んが、

電気がないっちゅーことは、

最悪、リフトが動かない。

降ったばかりの雪、気温は低いけど風が弱く・・・
という、かなりいい感じのコンディションなのに。
もう日記のネタは充分なので、普通に滑らせてはもらえないだろうか。

全然リフトが動かなくて、全くスキーができなかったらどうしようかと、
結構本気で心配していたのですが、
なぜか朝からリフトが2本だけ動きました。
自家発の電力で頑張ったのだろうか。

すばらしげな斜面。でも動かないリフト。
トマム1

動いているリフトだけでしばらく滑ってました。
停電だった分、人が少なくって、
誰も踏み荒らしていないパウダースノーを滑ったのが気分良かった。

結局、停電は午前11時前に復旧したらしく、
11時頃からリフトが全面的に動き出しました。
しかし、ちょうどこのころから風が強くなり出したので、
キャビンは最後まで動かず。

動き出したリフトでできる限りのコースを滑ったけど、
圧雪されていない上級者コースにボーゲンで挑んだら、
転んでスキーが刺さって大変な目にあいました。

この日は夜までずっと風が強かったので、ナイターまで滑ったけど顔が痛かったよ。
北海道のナイターはやっぱり寒い。
なので途中で切り上げ、前日行けなかったスパへ。
電気があればライトアップなんていう贅沢もできます。

トマムライトアップ


最終日
キャビンの一番箱に乗るべく、朝一から出撃。
キャビンに乗って上にいくと、気温がぐっと変わって寒いです。
そこから滑り降りると、半分ぐらいは快適なんだけど、
トマムのゲレンデって、下の方がかなり平坦なんだよね。
初心者コースということなんだけど、
スケーティングが苦手な初心者には逆に厳しかったりします。

順調にお昼まで滑って、北海道スキーは終了。
この日は唯一トラブルの無かった日。


帰りはゆったりと座って、電車で新千歳駅へ。
車内で放映されていた、「帰ってきたドラえもん」を見て涙する(笑)。

ドラえもんの最終回、と言われる名作。
単行本で読んだのは盲腸の手術で入院していた小学校4年の頃だったけど、
映画版を見たのは初めて。

ドラえもんとお別れすることを受け入れて、ちょっと大人になったのび太が、
お兄ちゃん役だったドラえもんと肩を並べて夜の町を散歩するところが好きです。
大人の世界へ踏み入れた感じが切なくっていいよね。
いい話だ (T ^ T)


初日には様々なトラブルに見舞われて、どうなることかと思ったけど
なんとか3日間滑ることができたし、
終わってみればイイ滑り初めだったのではないでしょうか。
posted by ひんべえ at 23:50| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

志賀高原で春スキー

志賀高原に春スキーに行ってきました。
真新しいマイブーツのデビュー戦ですよ。

ところが、着いたらものすごく寒いの、志賀高原。

冬景色

結構な雪景色。風も強いし。
雪が降ってくれたおかげで、ゲレンデの状態は良かったけどねん。
4月とは思えない雪でした。

日曜日の午後からはよく晴れました。

晴天1

晴天2

雪が降ったあと、天気が良くなったのでサイコー。
ただ、4月になったらいろんなリフトが止まってしまっていて、
ゲレンデ間の移動ができないところが多いのが残念。
せっかく広い志賀高原なのに、雪も状態が良いのにもったいない!
GWになったらまたリフトが動き出すみたいだけど、
さすがにGWになったら雪の状態は悪いんだろうな。

リフトで移動できないので、仕方なく車で移動。
高ヶ天原から横手山まで移動して、
日本一高いパン屋さん、横手山頂ヒュッテにも行ってきました。
山小屋によく似合う犬がいましたよ。

山小屋が似合う犬

雨が降ったりとかいろいろあったけど、
綺麗な景色を見たり、春スキーを満喫してきました。

雲海
posted by ひんべえ at 23:46| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(3) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

清水の舞台から滑り降りる

思い切って、買っちゃった (//∇//)


Verse 6.0W


サロモンのスキーブーツ、「Verse 6.0 W」
売り尽くしセールで残っていた最後の一個。半額だった。

なんかよくわかんないけど、ソフトタイプらしいよ。
ボードのブーツみたいに、靴ひもを引っ張るとブーツを締めることができる便利な機能。
なんか、「初心者にお勧め、痛くないよ。」という話だったので、
万年ボーゲンの私はその店員さんのアドバイスに素直に従うことにしました。

実は、スキー用具はウェアぐらいしか持っていない私。
いつもスキーに行くとレンタルで済ませていました。
でもね、レンタルだと自分にあうブーツがない時があるので、
ブーツだけでも買おうかなあと思っていたのです。

お金無いから、売り尽くし半額セールを狙って行ってきました。
私ですら聞いたことのあるブランド、サロモン。
今度からのスキーは、サロモンのブーツにレンタルスキーというアンバランスな感じで滑っていきます。

同じシリーズで板も出ているらしいので、板とかも欲しいけど、家に置く場所ないし、
春になったら御蔵島に行きたいので、節約なのです。

VERSE5をベースに軽量化を図った女性向けモデル。SALOMON(サロモン)03 VERSE 5 Women 160cm【...

思えばダイビングも、50本越えてもまだ重器材を持っていなくて、
「そろそろ買えば?」っていろんな人に言われたし、
私は物をそろえるより出かけるほうにお金を使ってしまうらしい。
posted by ひんべえ at 23:03| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

北海道初上陸

ニセコでスキーをしてきました。

日頃の行いがよかったのか、晴天に恵まれましたよ。


ニセコで晴れ


さすがに毎日こんな天気ではなかったけど、
「吹雪がすごくて滑りに行きたい」みたいな天気にはならなかったので、
スキーに明け暮れていましたよ。


晴れてるニセコ2


羊蹄山もこんなにくっきり


羊蹄山


ニセコに行ってびっくりしたのは、お客さんに欧米系の方がものすごく多いこと。
ニセコにはオーストラリアからのスキー客がとても多いらしい。
ひらふとかは、「ここは外国か?」と錯覚するぐらいにオーストラリア人が多い。

ゴンドラに乗ったら、オーストラリア人と一緒になって、
「英語のレッスンをしないか?」みたいなことを英語で言われたんだけど、
なにも単語が出てこなかったよ。 
そしたら、「今日はコンディションが最高でよかったね」
みたいなことを英語で言われた。(たぶん)
でも、なぜ日本なのに「日本語のレッスン」ではなく、
「英語のレッスン」になるんだぁ! (ノ`0)ノ ⌒┫ ┻


ホテルの外には、キタキツネもやってきました。
さすが北海道。


キタキツネ


キタキツネ2


せっかくニセコに行ったので温泉にも行きたくて、
一回ナイター行かないで昆布温泉にも行ってきました。

茶色いっぽいお湯につかっていると、
スキーで使った足の披露がとれるような気がして、なかなか良いお湯でした。
凄く大きな露天風呂(混浴)もあったのですが、
行ってみたらビールを持ち込んでいるオーストラリア人を発見。(実は持ち込み可能だった)
「それは日本の心を理解しすぎだろう!」とおもわず心の中で突っ込んでしまいましたよ。
私も雪見酒をやってみたかった・・・

総じて、合宿のようにスキーをすべりまくった旅行でしたが、
おもしろ事件も発生して楽しい旅行でした。
posted by ひんべえ at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

コウモリスキーヤー

ローマ人の物語に興奮し、やわらか戦車にはまり、
そして今日はナウシカにくぎ付け。

そんなふうに節操なくフラフラしている状態だけど、
明日から北海道スキーに出かけます。

・・・
諸事情により、職場では与那国と言ってあるのだが、
どこでちんすこうを購入しよう。


やっぱね、この時期ダイビングよりスキーですわ。
寒いときはスキー。
ダイビングやスキーと違って、「季節限定」という、
限定ものに弱い私を揺さぶる魅力を持っているしね。

とはいっても、おいらはボーゲン。
運動神経がペンギン並みの私にとっては、
ボーゲンから足をそろえるにはなかなか大きな壁が立ちふさがっているのですが、
そこはもう大人ですから、
地道に努力にしてうまくなるのではなく、
「北海道に行けば上手になるんじゃん?」
ということで北海道スキーが決まりました。

大人ですから。
金で解決ですわ。
ナウシカでは泣いたけど。
posted by ひんべえ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

野沢温泉でスキー

まだ年賀状書いてないよ〜。ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん
ということで、今日はあわてて郵便局にいってきて年賀状を買ってきたのですが、
(それすらしていなかった。)
出かけた郵便局は大混雑。年賀状売り場には行列。
私だけではないんだと妙に安心しました。
そんな大晦日。

昨日は野沢温泉で初スキーをしてきました。
今年は大雪で、年末なのに雪はたっぷりふかふか。
天気もよく、快適なスキーでした。

野沢温泉と言えば、私が人生で初めてスキーを滑った因縁(?)の場所。
あのときはもしかしたら一生スキーはしないのではないかと思ったけど、
9年たって、またやってきてしまいましたよ。
っていうか、もうそんなに年月が経つのですね。
あらためて振り返るとびっくり。
運動神経が悪い私は未だボーゲンです。

初スキーの時は、ゴンドラに乗って上の方のゲレンデでスキーを覚えて、
そのあと林間コースを転がるように降りてきたのですが、
今回は、まちがえてシュナイダーコースに迷い込んでしまい、
やっぱり転がるように降りてきました。
ふかふかの雪だったから、大滑落はしなかったけど。

初スキーの時に苦戦させられたTバーリフトは見かけませんでした。
リベンジしようと思っていたのに。
なくなってしまったんだろうか?

来年はもうちょっとスキーがうまくなりたいな。
posted by ひんべえ at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。